働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー

ワイら「総貧乏・総奴隷」に気づくための書籍 3選

 

豊かに暮らしたいですが

まず前提として

 

日本は相対的貧困率世界第4位の

「貧困大国」

であり、

社会問題で挙げるとするならば

国民の生活に直結する超重要問題のはずなのに何故

TV・新聞は積極的に取り上げないのでしょうか?

 

TV新聞の報道は2010年代からゴミレベル ~あなた今騙されてますよ~ - 働いたら負け

 

貧困・格差は

何を隠そう小泉政権のゴミ政策により大幅に拡大された問題で

それが安倍政権のゴミ制作によりさらに拡大されてしまった問題であります

 

 

 

関連記事

fal-ken.hatenablog.com

 

 

この記事では

日本が「終わっている」

しかも

「誰もがそれに目を瞑り、解決せず」

あげくの果てに自己責任論者というバカが湧き出る

 

 

貧困問題

 

楽観的なフリをして真実に目を瞑り続けても

そういった人間から搾取して

これからの増税低賃金が少なくとも40年続く見込みです

 

 

なので、

これだけでも読み込んで

自分達が置かれている立場どころか

日本という国自体がすでに先進国を終了していて

教育機関が定めた「まともな生き方」というのは出来ないことを理解して頂きたい

 

といった中で

ワイは今回「貧困」に関してお勧めというか

読み込んだ本を単に紹介する記事です

 

 

 

 

13歳から学ぶ日本の貧困

 

最初に読むにはとにかくわかりやすく丁寧に解説してあり

非常に薄い

要点だけ絞り込んでおり、非常にお勧めです

弁護士の方が書いております

 

全く貧困問題の本を読んだことがないニートの君は

まずこれを読んでください!

 

 

 

反貧困

貧困の教科書ともいうべき書籍

行政書士の方が書いた本で

ワイが最も影響を受けているものでございます

 

 

日本を非難するではなく、

著者は、非常に冷静に

昨今の日本で起きている事実を書いております

 

そのため

説得力を付けるために

統計的な分析やデータを用いて

貧困であることを説明しております

 

セーフティーネット崩壊 政府「社会的弱者の800万人は死ね!」 - 働いたら負け

また、「働いたら負け」ブログ渾身のこの記事は

この本をもとに作成しており、非常にお勧めできます

 

 

 

 

貧困大国ニッポン

 

こちらは、

 

TV新聞では語らない

目に見えない多くの

貧困の実態例・証言を引用して紹介しております

 

上記の2つの本を読みこんだ後

じゃあ、具体的に

貧困層はどういった生活をしているのか

様々な年齢層・立場の人の証言が語られている本ですね

 

この本は、著者が実際に出会った人の言葉を借りていて

客観的なデータは乏しいので、これを初めに読まずに

先に「反貧困」を読んで

貧乏のイメージをより具現化するための本です

 

 

 

 

 

要するに

 

もうすでに500万人以上が賃貸を1室借りて生活するだけのお金がなく

 

自分達だけではなく

世の中の2割が貧困でまともに生活することができない

これからその割合が拡大していく

 

ホームレスでも

風俗でも出会い系えんこうでも

窃盗でも

 

わんさか湧き出ることでしょう

 

 

当時ラジオプロパガンダにより

ドイツ人が洗脳され

ユダヤ人虐殺の時も

ドイツ人が自分達に被害がないから当時蓋をしていたら

とんでもないことになった時と同じような感じです

 

今の日本のTV・新聞のプロパガンダと貧困無視

これに重なるのではないでしょうか

 

 

これは誰のせいでしょうか

 

はい、国のせいです

 

ワイの場合は

税金の使い道→歳入歳出の分野

法整備

経済の分野

国家の盛衰の歴史的側面からの日本における今後の予測

老害民主主義

メディア弾圧

 

などから

「国のせいである」と結論づけるのですが

 

 

一番情報が集めやすく

身近に感じるこの「貧困」という分野は

 

最初に知識を肥やすのにはいい分野かなぁと思っております。

 

 

follow us in feedly