働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

世界で最も人間を殺した人ランキングを考察し、ワイが今、伝えたいこと

 

【閲覧注意】世界で最も多くの人間を殺した独裁者TOP10 | Ungra News

 

1位 毛沢東 中国  推定7800万人

1960~80年

 

2位 スターリン ソ連 2300万人

1930年代

 

3位 ヒトラー ドイツ 1700万人

1940年代

 

4位 レオポルド2世 ベルギー 1500万人

19世紀後半

 

5位 東条英機 日本 500万人

大東亜戦争

 

6位 エンヴィル・パシャ トルコ(オスマン帝国) 250万人

19世紀末20世紀初頭

 

7位 ポル・ポト カンボジア 170万人

1970年代

 

8位 金日成 北朝鮮 160万人

1980年代

 

9位 メンギスツ・ハイレ・マリアム エチオピア 150万人

1970~1990年

 

10位 ヤクヴ・ゴウォン ナイジェリア 110万人

1960年代

 

 

ほぼ20世紀じゃね?

 

 

 

文明が発展すると

効率よく人を生産できると同時に

効率よく人も殺すことも出来ますし

効率よく人を支配することも可能である

 

今一度、文明が発達することが

必然的に幸福なことであるのか?

というのを考え直すきっかけにもなるランキングですね

 

昔の人は世界の「人口」そのものが少ないこと

戦争の考え方、戦い方にも時代によって色々あったりするのですが

20世紀を超えることはできませんでしたね

 

 

一応注意書き

www.youtube.com

こちらのチャンネルが

虐殺した黒歴史上人物に関して独自に調べており非常にわかりやすいので推奨します

 

こっから参照にしますと

 

東条英機

ヒトラー

戦争による敗者であり

数は盛っている

 

東条英機に関しては、遺書からすると、

誰がこの時代総理大臣をやっても同じ目にあっていたのではないかと

ワイも感じました

東条英機のカウントの数は

アメリカによる空爆、原爆がムリクリカウントされているので

 

このランキングにアメリカの人物がないからアメリカは良い国ではなく、

 

アメリカ軍が単純に

戦争で、国際法に反して人を殺した数を換算する(ベトナム戦争イラク戦争湾岸戦争も余裕で国際法反してますからね)と

余裕で毛沢東スターリンと競えるので

そこは誤解しないようにしましょう

 

そうですよ。

アメリカは、ただこれ以上は領土は必要とせず、

土地を侵略する気がないだけで糞大国ですよ

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

毛沢東が見事1位ですが

あまり悪名で知られていないのは

中国が今共産党であること

 

ポル・ポト は規模が違えど

国の人口比でくらべるとポル・ポトの方がひどい

ベトナムに侵攻されて終わっているのと

ベトナムカンボジアについて世界でうまく発信した

というのがあるでしょう

 

 

 

次に

 

人類史上最悪の感染症

 

人類史上最悪な22の病気(感染症ほか) | ailovei

感染症の歴史 - Wikipedia

【歴史ミステリー】中世のペスト!多くの命を奪った「死の病」を解説! - YouTube

 

中世では

黒死病がはやり、世界で2億人以上死亡している

当時の全人口

世界人口 - Wikipedia

 

正確には測定されていないのですが

10億人未満と考えると

 

世界の人口の20~30%削っているので

 

とんでもない時代ですね

 

ペストの原因はネズミやら、のみやら諸説ありますが

 

 

建築物に対する

衛生面に関した事項が原因だったのではないかとされていて

 

下水道とか、そういったものですね

 

そう考えると

ビルの設備を管理する「ビルメン」というのは

こういった歴史からの衛生管理を行っているという

仕事に対してささやかな使命感を+αで付け加えることが出来たりします(?)

 

 

 

 

ワイの「資本主義が素晴らしい」という発想に疑問符をうつ理由ともなる

 

または

 

人工的な産物に対して利益だけ求めて人類が発展すると

感染症が発生するという

 

 

いづれにしろ文明を発展させることには、「落とし穴」があるという教訓を

考えさせられるランキングです

 

 

 

まとめ:

 

「死」が救済であるという宗教観のある人間からすれば

20世紀というのは一番救済される人が多かった時代でもありますし、

 

 

理不尽に恐怖におびえながら死ぬ

想像するだけで地獄のような時代だなぁと考えるならば

14世紀と20世紀こそが

歴史上最悪の時代といえるでしょう

 

 

ワイは思うわけです

 

世の中、幸せ、豊かに暮らすことができる法則というのは

 

そこらへんのツイッター自己啓発本などで売られているわけですが

 

 

結局は

生まれた時代と場所、身分じゃないかと

 

スターリンの時代のソ連に生まれてたら地獄ですよ

生きてる心地がしないですし、

 

ポルポト時代のカンボジアなんかに生まれてみたら

また地獄です

 

イチローや大谷が、大東亜戦争行ってたら死ぬだけ

 1945年に誰が総理大臣になろうと黒歴史人物になっていただけ

 

 

生まれた時、場所、国が大事ならば

 

時代を知ること

場所を知ること

国を知ること

 

が重要ということになります

 

というわけで、

 

私達が生存戦略

ニートにとって適した戦略などを考える上で

学ばなきゃいけないことって

 

歴史であり

現代の情勢(統計)なんですよ

 

自分の心を磨くとかではなくて

 

現代は、高度経済成長期が終わって

政府は、日本の衰退が留まることを知らない状態である

これをひた隠しにして

国民がバカになっていく、と。

長期政権をしたいがためにですね

 

こんな時代ですが、虐殺される可能性は比較的低いので

国民が騙されているうちに、読者のみなさんだけ

抜け道でこそこそって生きて行こうというブログですね、はい。

 

 

統計不正問題ってワイからしたらめっちゃ不支持の要素満載ですけどね

 

 

こういったことから、ブログの主旨にまでまとめていったところで

おわりまーす