働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

体罰というゴミ教育をディスる記事

 

今回は、「体罰」について語って行きたいと思います。

 

「あり」か「なし」かみたいな議論が時折なされたりするのを見かけますが

 

 

体罰ってなんでしょうって定義した時

自分より立場の弱い人間に対して、教育目的を動機に行われる暴力

 

こんな感じでしょうか。

 

 

子供に体罰はありだと考える連中は

ワイの解釈からすると

「お前らには人権はないから黙って殴られろ」

 

これにつきるのではないかと思いますね。

 

 

 

国際連合では

1959年に子供の人権を守る宣言

1989年に子供の権利条約 

 

禁止項目として

強制労働、人身売買、売春、ポルノ、薬物清算取引、児童の健康、安全、道徳を害する恐れのある労働

 

わざわざ禁止にするってことは

これが世の中で平然と行われていたわけですよ!?

 

 

人類の歴史において

やっと

やっと

つい最近、子供が歴史的にも最近守らなきゃって意識ができた

 

 

人権って日本国憲法の規定で守られるものなら

 

憲法36条引用して

「公務員による拷問、残虐な刑罰はダメだっちゃ!」

って書いてあるわけですよ

 

公務員=教員が暴力行為が「残虐な刑罰」に該当するならば

 

憲法違反であって、

これがまかり通るなら子供に人権はないよねって

 

 

未成年に責任能力がある年齢に達した場合の暴力は犯罪だけど

 

一方的に体罰を受けるのは問題ないよねっという話は

 

世界がそうとうな歴史の年月を経て

子供の人権を守るための条約をたてたのに

 

世界からすると、

非常に後進的な考えですよね

 

という結論になります。

 

 

昔のその

古い考えの人っていうのは

そのまんま考えが古い人で

「人権」という概念がない害悪そのものですね

 

 

あ、俺の出身高校はひどかったねぇ

 

問題や犯罪は発覚しない限り、それは問題でもなく犯罪でもありません

 

体罰が黙認されれば体罰は黙認されたままなので

 

俺の出身高校でも現在、体罰は続いています。

 

通称「丘の上の監獄」って呼ばれている高校です

 

 

体罰を受けて育ってよかったか?

 

高校の頃、顔が気にくわないという理由で教室にひっぱりだされて

ビンタで顔が腫れあがったワイがいうには

 

今でもその教師を殺してやりたい

 

それだけですね

 

教育効果はというより、積年の怨念がつのる一方で

 

 

また、間違いなく上司に対しては反抗的になります

 

権力者や調子に乗っている上司は無条件で「〇ね、ぼけぇ」しか思いません

 

 

 

体罰が黙認されている現状があるので

 

 

高校生以下の未成年の皆さんはワイのブログは読んでいるとは思いませんが

 

 

教師に殴られたら絶対殴り返せ

 

 

正当防衛はせーふですから

 

俺の友達、酔っ払い同士で絡み合って

この間、警察でお世話になったのですが(!?

 

正当防衛で損害賠償は免れました。

 

 

追記:

 

暴力による恐怖は洗脳するのに最適

 

 

歴史的な例をあげてわかりやすいのでしたら

アメリカの黒人奴隷でしょう

キング牧師が立ち上がったのは1945年 以降のことですが

 

黒人たちは何故奴隷に甘んじていたのでしょうか

 

リンチがこわかったから

 

「人権」って概念がないと無秩序暴力なわけですよ

 

 

身体的、性的なダメージを与えることによって

 

理屈ではなく、

 

これをやることによって恐怖の罰を与えること

 

それに従うというのは従順な犬の完成です

 

 

だから、逆に洗脳したいなぁと思ったら

 

監禁して拷問してやればいいわけですね

 

やっぱ拷問ってすごい効果ある

 

 

暴力は教育ではないです

 

洗脳です

 

体罰をやっててこのブログを読んでる教師(いないと思う)は、後ろから刺されろ