働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

2030~40年くらいの日本を余裕で予測できる記事 ~歴史は繰り返される~

未来予測記事は、前に一回書いたことがあり

 

fal-ken.hatenablog.com

 

「2052」という本では

世界中心に先進国はゆったりとした衰退が予測されると見込まれています。

 

世界戦争に突入する予測じゃなくてよかったという話ですが

 

 

我々は今後、何らかの革新的な政策を行わない限り「衰退」が待っているわけです

 

と、ここで歴史的に現代の日本と類似している国というのがありました

 

大英帝国

 

つまり、100年前のイギリスです

 

 

今回は、

 

これを読めば

 

「あ、日本ってオワコンだな!」

 

同じテツを踏んでいることがよくわかると思いますので

読んで、ぜひ絶望してください!

 

 

 

続きを読む

2025年。日本の若者に更なる地獄が待っている

2025年といったら何でしょうか?

 

大阪万博?なにそれ?

 

2025年はなんせ

 

団塊の世代が75歳になる年です

 

この辺でドバっと社会保障費が膨れ上がります

 

 

続きを読む

「N.H.Kにようこそ!」が残した大罪

「N.H.Kにようこそ!」

アニメ好きで自宅警備員をやっているなら、お目にかかるであろう名作アニメ

 

 

主人公の佐藤は、大学を中退したことを親に黙っておきながら一人暮らしで引きこもっていて

ヒロイン、謎の少女岬ちゃんが、そんな佐藤を引きこもりから脱出させようとするために話が動いていくのだが、

 

 

引きこもりを脱出するなんて展開ではなく、エロゲ製作、自殺サイト、マルチ商法ネトゲ廃人など佐藤がいつの間にかそんなものに巻き込まれていくのを面白おかしく視聴者がみるという話である。

 

 

さて、ネタバレが嫌なら以降は読んで欲しくはないのだが

この引きこもりの主人公の末路について今回問題として取り上げる

 

 

 

続きを読む

お金をどれくらい貯めれば自由になれるのか

 

この記事は、フルタイム以上で「働いている人」という

非常にマイナーな人をターゲットにしている記事であり、

そうでない方が実践してはいけません。

 

↓特にまずこちらの方をおすすめします「持続可能なニート戦略」

fal-ken.hatenablog.com

 

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

ニートを食い物にする貧困ビジネスの仕組み!現代奴隷登録には気をつけろ! - 働いたら負け

 

和歌山県の山奥に、ニートの集落が存在するなんて! - 働いたら負け

 

 

続きを読む

実は日本は超金持ち国に余裕でなれる話 理系の学生諸君!ワイに夢を与えてくれ!

 

世界のエネルギーが未だ「石油」であることに疑問を持ったことはないでしょうか。

 

 

日本は石油に関してはほとんど他国からの輸入です。

このエネルギーを抑え込まれると、

戦前の日本のように侵略戦争を背ざる負えない状況に追い込まれます。

 

 

同様に、北朝鮮に過激な経済制裁を行い、

追い詰めてしまうと北朝鮮が自爆特攻を隣国にしかける恐れがあります。

 

 

それは置いておいて、

日本は経済大国である

 

しかし、石油は100%輸入している

 

もしも中東戦争が起きたり

経済制裁をされたらどうするの?

持続可能なエネルギーを自国で作った方が安心なんじゃない?

 

 

ワイも疑問に思っていたわけですよ。

 

続きを読む

「嘘」ついてナンボ!バラエティTVの世界へようこそ!

前回記事

 

fal-ken.hatenablog.com

 

前回では、TVの放映権の仕組みについて語りました。

大分前ですね

 

さっくりまとめると

総務省の認可によって民放放送が可能ですが

ここ60年ほどTVのチャンネルで放送局が変化したことはありません。

実質権力が寡占している状態で権力者たちがやりたい放題

そのために老害達による偏見報道が行われている

ということでした。

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

そんでもってNHKというのは

ただ単に最初の放送局であるってだけで受信料を払わなければならないという義務がそもそも存在しないのに、あたかも義務であるかのように装っているという記事を書きました。

 

 

今回は、そんな権力にまみれたTV業界の

公平、倫理とはかけ離れた放送手法を語ります。

 

 

続きを読む

「自己責任論者」というバカのさらし首に石をぶつけまくる記事

 

新年早々、勢いが大事なんで

 

このブログに関しては

社会に対するアンチテーゼによって 

ニートや弱者たちが自分たちを責めたりせず

「違う生き方」や「別にニートでええやん」を模索してもらうため

その情報をあらゆる側面から片っ端から提供し

 

知識によって打開していこう!という趣旨を込めた「働いたら負け」というブログなのですが......

 

 

皆さんは

「自己責任論者」 という

「働くのが当たり前」「貧乏は自己責任」「努力至上主義」といった輩に

対して非常に悩まされているのではないかと存じます

 

何しろ「自分の責任」→「自分責めの強要」→「鬱」ですからね

 

fal-ken.hatenablog.com

 

ワイもこの記事に自己責任論者が噛みついてきて

黙っていると

あたかもこいつが「正しい」という風に解釈されては困ります。

 

この程度の人間を言論でボコボコにするのは簡単なのですが

「自己責任論者」はあまりにも論理が破綻しているので、

彼らは言論で納得いかないでしょう。

 

「熱狂的狂信者」と同じで、まともに関わると自身の生活に影響が出ます。

原則無視したいところです

 

 

しかし、今回の記事では一回「この輩」に釘を刺しておこうと思います

 

 

なので、今回はあくまでも

僕に噛みついてきた「この輩」=「自己責任論者」

にだけ、批判の対象にします

 

 

「自己責任論者」というのは

ゴブリンスレイヤーの「ゴブリン」みたいなもんで完全に小物ですが

 

あまり放っておくと「ゴブリン」ですからウジャウジャ出てきてレイプされかねません

 

 

国によるプロパガンダを受けた「犬」を駆除する記事

 

 

ネット上の批判で

自己責任論者に悩まれている方は

こちらの記事を勝手に引用してもらっておkです

 

続きを読む