働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

救世主ワイ!皆さん安心してください「国の借金」を解決します

 

今回はですね

「国の借金」問題について

ワイが

スーパーヒーローになって解決するという記事です

 

この記事を読んだ皆さんは、

「国の借金」問題を解消することができるので

結果的にワイがヒーローになります

 

はい、ではいきます

 

 

 

 

会計の説明をしますのでついてきてください

この問題を考えるうえで一番大切なことは

「会計」についてです

 

皆さん

不労収益がないのでイメージしにくいかもしれませんが

「資産」というものが国にはあります

 

 

国の借金が「1100兆円くらい」していますね

国の資産は「670兆くらい」

引くと残り430兆としましょう

 

 

残りの借金なんですけど

政府は子会社の日本銀行の株を55%持っています

子会社の日本銀行国債を買い取らせる

→「公債」のうち500兆は日本銀行(子会社)保有

 

500兆円は帳簿では相殺されます

 

政府の借金は実質的にはありません

 

具体的に言うと

旦那が奥さんに500万借金している 

パパが消費者金融に500万借金をしていたら破産申請しますけど

奥さんは同じ世帯間なので同じ共有財産ですよね

旦那さんは奥さんの尻に敷かれる程度で済みます

 

 

これを

どうやって利用してきたかというと

たしかに会計上の「借金」は存在するので

 

馬鹿な皆様に

「国は借金が1000兆円を超えている!

一人当たり約800万の借金だ!」

と煽り

増税は仕方がないことだと迫っていきます

 

 

京大の藤井教授の発言がもみ消された

2015年に日本経済新聞の討論で東大吉川教授と藤井藤井教授の借金についての藤井教授の反論が丸々カットされるという事実が発覚

 

カットされた内容を要約すると

「他国から借りているならともかく、自国間で政府が借金をしている国で、破綻した国を私が知る限りでは存在しない。

日本の借金は、子会社の日本銀行が買い取れば、実質的な夫妻は消滅するので破綻はありえない。」

 

 

「国の借金」問題が在りもしないのに、何故浮上し続けるのか

まとめになりますけど

国民を騙して、

「借金があるから、増税は仕方がない」

という方に持っていき

財務省や政府だけ権力者の利権を確保したいためです

 

 

ワイは、借金問題を解決することに成功した

以上のことから

借金問題を解消することに成功しました

まさか、ワイがこの国の借金を解消してしまうとは.......

 

元々、問題ではないことを「問題だ!」

と叫んでいるだけで

騙されないようにしましょうね

という結論ですね。

 

TVはみるな

 

 

追記:

 

ハイパーインフレについて

「日銀が国債を買い取りすぎるとハイパーインフレーションになる」

ベネズエラの例もあって

ハイパーインフレが怖いように思えるかもしれません

 

ハイパーインフレの条件をみていきます

インフレ率1万3000%であり

1年間で物価が130倍になってはじめてハイパーインフレ成立となります

 

 

無理っすよwハイパーインフレww

 

それでも、日銀が国債を買い取りすぎるのが不安かもしれません

 

第二次安倍政権以降ですけど

日本銀行は320兆円を発行して、国債を買い取っています

 

インフレになったかというと

インフレ率2%もいきませんでした

ハイパーインフレには1万3000%ですね

あと1万2998%足りません

 

そもそも、国民は貧乏でお金がないのに物価があがるはずがありません

 

 

 

follow us in feedly