働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

コロナで身体が訛っている! ワイの剣道習慣を紹介します

 

ワイは面倒くさがり屋です

 

一人で行う剣道のトレーニングといったら

だいたい1日30分未満です

 

コロナはやる前だと

だいたい1~2週間に1回剣道

 

ほかの人と比べると練習していないと思います

 

でも、学生時代毎日剣道をやっていた時よりは

今の方が上達しています

 

結局、知識がものをいうわけですよ

というわけで紹介していきましょう

 

 

 

 

 

一番、毎日欠かさずやっているのは

身体をほぐす「脱力」です

 

これはアニメ観ながら、寝ながらやってます

 

身体が硬くなって

身体の操作できなくなったらいやでしょ?

 

ゆるゆるにしておきましょう

 

うんこ素振りは必須

 

次に、2日に1回欠かさずやっているのは

「うんこ素振り」です

 

これ、最強のトレーニング方法で

10年前からずっと続けていますが

一番効率のいい筋力トレーニングです

 

 

筋トレは

握力・腕・太ももを中心に鍛える筋トレはやりません

 

身体の中心軸の部分だけを筋力トレーニングしてきます

いわゆる「体幹」と言われるところですね

 

fal-ken.hatenablog.com

 

素振り

竹刀持ちません

 

これは、「外が寒い」というのも理由ですが

 

うんこ素振りが終わって普通の素振りをやるとしても

まず、竹刀を持たないで

自分の肩甲骨の使い方を確認するために

からの素振りをおこないます

ポイントは

肩甲骨を使えるように姿勢よく行います

よくわからない人は

人体力学の書籍を読んでください

 

素振りは、

空の素振り10本~20本

 

たま~~に

外にでて竹刀振る

 

10分~15分くらい気分転換で振った方がいいです

ワイは手を抜いています

 

 

筋トレ

 

筋トレは、優先順位低めですが

代謝あがるかな?程度にやっています

 

ただし

広背筋、骨盤、ハムストリング

 

ここだけです

 

他はやりません

肩甲骨周りは素振りだけで充分です

 

1日目:広背筋(うんこ素振り+フェニックス)

2日目:骨盤、ハムストリング

でこれを交互にやっています

1週間に1日休んでもいいです

 

5分くらいで終わります

 

以前は15キロのダンベル持って

「ふん!ふん!」

プロテイン

と7年くらいやっておりましたが、

25過ぎてやめました

 

広背筋のメカニズムについては 

この本で

 

 

 

 

ダッシュ

 

ワイは外は寒いのでやっていないのですが

 

ランニングというのは健康に良いわけではないのが科学的に発見されてしまっているため

心肺機能を高めるなら

インターバル走を週に1回15分行います

60秒走って→90秒休んで→60秒走って→90秒休む

これを繰り返すトレーニングです

毎日やると身体に疲労がたまります。人間の回復力を信じましょう

 

残念なことに

毎日1時間走る人と、週1回15分インターバル走をする人の

パフォーマンスは同じらしいのです

 

鵜呑みにはしません、経験則にも基づいています

7~8年ぐらい毎日走っていましたが

3年前から毎日走るのを辞めて

 

体力落ちてくるかなと思っていたのですが

落ちるどころか

身体操作方法を学んだら剣道で疲れにくい動きを習得して

楽して楽しく効率よく身体をさばくことに成功しました

 

あと気持ち的にも「剣道は週1~2がちょうどいいなぁ」

と思っておりましたので

※剣道の熟練度が低い人は、トライアンドエラーを増やさなければならないため剣道週2~3やった方がいいかもしれません

 

我々は「生涯剣道人」なんですから

 

じゃあ、面倒くさがり屋のワイはランニング辞めますよね

 

そもそも健康促進のための運動は週1がベスト

毎日やるのは身体に負担がかかりおすすめしません

 

アスリートが短命なのはそのためです

 

 

理想は週1ダッシュ

コロナが終わって 

週1剣道が出来ている場合はいりません

 

 

センターライン形成

姿勢の維持と自分の中心軸の形成を行います

これは2日に1回のんびりとやっております

気軽に剣道の構えをやった時に

どの構えが理想であるか、始動が早くなるか

センター軸の位置を確認します

 

言っていることの意味が分からない人はこちらの記事を

fal-ken.hatenablog.com

 

これ、剣道においてめちゃくちゃ重要です

 

ここでワイは自信をつけます

この正中線という概念をしっている剣道人はほぼいないからです

ワイがある程度の他者を相手にするのに引けを取らない根拠となります

 

やみくもに素振りしても意味がない

これは断言します

 

いくら8段の先生が毎日1000本素振りせよ

と唱えても

意味ないです

あなたが毎日1000本素振りしても

8段受かりません

8段は神が受かります、あなたは人間です

 

神は、何もしなくても身体操作を自分で極められる人です

ワイ達は天才ではない

だから、ワイ達は

身体操作方法の研究をする必要があります

 

 

むやみに素振りをして学ぶこと:

むやみに素振りをしても無駄であると実感することです

 

だから、子供はともかく

人生経験のある大人はやらなくていいんです

 

もっと楽してぇなぁ

 

ワイは

常に「いかに身体的な負担や根性をかけずに技を磨くか」を考えています

 

その代わりといっては何ですが

剣道上達したいと思った時ひたすら本を読んでいます

 

ワイの場合は

こうして上達できたんです

練習して上達しなかったんです

 

そういうわけで

これからもっと手を抜いて上達したいと思っているのですが

骨盤の動きの連動を研究すれば

ワイに効率よく力を伝える剣道ができるんじゃないかなぁ~っと思っておりまーす

 

 

 

follow us in feedly