働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

「すり足」の前に正しい「歩き」を習得せよ! めちゃくちゃ重要だぞ剣道人!

前回「立つ」

fal-ken.hatenablog.com

 

 

人類最も基本的な全身運動である「歩き」

 

この「歩き」が正しくなければ全てのスポーツにおいて正しい足のさばきかたはできない

 

剣道においても当然である。

この「歩き」理論を学べば

剣道の「体捌き・足捌き」の重要性、効率的な打突の追求にも確実に貢献できます

 

剣道の極意は「歩く理論」にありです

 

さて、前回は正しい「立ち方」を学ぶことにより

剣道の「構え」がどのような重心位置をとればいいのか、

わかりにくく解説しました。

 

今回は、「歩き方」を学ぶことにより

「すり足、踏込足」の重心位置、さばき方を学んでいきましょう

 

また、

 

剣道の基礎動作の記事の理論にもなっているので

是非読んでほしいところです

俺が必死こいて集めた 誰も知らない剣道の最重要動作 - 働いたら負け

 

 

 

足の支点は骨盤

レーニング一覧でも紹介しましたが、

足の支点として本来機能すべきは膝ではありません

これを鍛えることは人間の身体パフォーマンスを高める第一歩になります

 

センター中心

股関節を支点にして歩くことで

それを剣道に応用(腰で打つ)ことができれば最強です

 

剣道でも足が動いていないのにもかかわらず

上半身が迫ってくるような奇妙な威圧をかけることができる

剣道では腰が移動しているように向けることにより

踏み込んだと同時に身体がすでに前に来ている形

つまり、正しい歩き方と同じスムーズな体運びを行うことができ

相手からすると、「起こり」がわかりにくい体捌きにみえて

非常に威圧感を与えることが出来ます

 

 

つま先を支点にしたら、足が着地した後に身体が後からついていく形になりますよね

 

剣道で言えば、踏み込んだ後に身体が着いてくる形となり

相手は踏み込んだ後と身体が迫ってくる余分な「ラグ」を捉えやすくなり

応じやすくなります

 

 

 

足の支点は胸椎12番にあり

 

 

歩く時の足裏の重心の流れ「足は親指を意識せよ!」

f:id:tegoshiina:20191217213309j:plain

歩く

 

気付くのは

そもそもなんですけど

足は親指の方向

前進する力をまっすぐ重心を運ばなければならない時

小指、中指へと方向性に生じさせると、身体の重心が狂います。

親指の方向 でなければ脛骨で歩くことが出来ないということです

外側の細い腓骨を使うとO脚に原因にもなるし疲労も足りやすくなります

 

親指は内転筋・股関節と連動します

「立つ」行為の基礎理論を知り、理想の構えの重心位置を考察する記事 ※99パーセントの人は正しく立ててはいない - 働いたら負け

 

 

 

まとめ:

「立つ」「歩く」の基本を習得することで

これで剣道のベースとなる

脛骨を中心とした足を形成されるようになります

 

ポイントおさらい

・支点は骨盤、上半身と下半身の分かれ目(胸腰椎移行部)を知る

・「うな」(くるぶし内側)を重心にして立つ

・親指の方向に歩く

・つま先に重心をおかない、つま先で蹴らない

・ついでに、アナルもしめる

 

 

 

follow us in feedly