働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

攻めのやり方も公式が伝えています!「三殺法」・「活殺自在」について語る

 

「攻めだ!」「攻めろ攻めろ!」

なんだこのゴミ指導者が!

 

「攻め」の記事は他にありますが

 

剣道「攻め方」 一覧 超必見 - 働いたら負け

 

全日本剣道連盟

「攻め」のやり方を「形」でちゃんと公表してるんだよ

 

だから、この「形」の流れを学べば

公式が伝えたい攻めの仕方というのも理解できるんですね。

 

「形」のメッセージを知れば

段審査で求められる剣道も自ずとわかってきます

 

 

 今回は

日本剣道形6本目・7本目のメッセージを読み取ります

 

これは二つとも「攻め」の方法であり

 

要するに

日本剣道連盟は2種類の「攻め」を形として納めているということになります

 

それが「三殺法」と「活殺自在」です

 

 

 

三殺法とは

 

「気を殺し、技を殺し、剣を殺す」

 

日本剣道形6本目は

「攻め」の流れそのものである「形」といっていいでしょう。

 

 

6本目は、剣道形の流れも解説しておきましょう

 

日本剣道形6本目というのは5本目と非常につながっている形です

 

「応じ技」まで使える仕太刀に対して

 

打太刀は仕太刀の下段の「気」に圧倒されて下がる

打太刀は上段に構えるも仕太刀は平静眼の構え

→5本目と同じくすりあげ面を打たれる体勢になり「技」が殺される

 

打太刀は、面が怖くて打てない→小手を打つ!

「気」も殺され、

「技」が殺されることにより打てる技が絞られてしまう

 

それを、仕太刀は「剣」を得たりとすりあげ小手を打つ

 

小手打は軽打のため

最後、打太刀は反撃を狙いますが、仕太刀は上段に構えて打太刀の攻め入る隙を与えないといった流れです

 

 

「気」で攻め

「技」を殺して、相手が使う技の選択肢を絞らせてしまう

「剣」→それを出ばなを狙うか応じきるか

 

 

竹刀剣道で考えると

 

→しょくじんの間合いで発声する 「気」で圧倒する

開始線から一足一刀に入るまでの話 ~剣道四段を目指す人必見~ - 働いたら負け

→相手の竹刀の柔らかさをみる 「技」を予測する

有効打突機会を知らないと一生3段以下 徹底的に頭に叩き込め! - 働いたら負け

剣道「攻め方」 一覧 超必見 - 働いたら負け

→技を選択する 「剣」を交えてこちらが上手(うわて)になる

 

といった剣道を目指す現れとなります

 

ただ、黙っているようじゃ

相手は打ってこないし、逆に相手に攻め込まれちゃう

そうじゃなくて

先にこちらが仕掛けていき

相手の「気」「技」を殺していき「剣」を殺していきましょう

というメッセージです

 

日本剣道形6本目は、

日本剣道形1本目「間合い」を意識しながら3本目「打突機会」をどうやって作っていくのかを教える「形」となります

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

要するに

 

剣道形1本目~5本目のテクニックを

うまく使えているかどうかを確認する「形」

または、

その使い方を説明する「形」

となっております

 

剣道は「剣」を殺すだけじゃ相手から1本を取れない

それは、たまたまであり剣理ではないのだ。

剣理に伴った1本を取るには、

「気」を殺し、「技」を殺し、「剣」を殺して1本になる、と。

 

段位でいうと

4~6段審査では求められます

 

 

7本目に関しては

 

活殺自在

 

相手を遣って斬る」ことがテーマとなっており

 

出ばな技の極意がつまっている「形」です

 

これは完全に7段に求められる水準になります

 

 

打太刀は「こちらが攻めきっている」と思い込んで打ってくる

結果的に、仕太刀が打太刀が打ってくるタイミングを作っただけなのに

という流れです

 

 

6本目と違うのは

 

7本目というのは「相手に打たせる余力を作ってやること」

 

4本目の相面が一番理想とされるのも

7本目のように自在に相手が面を打つタイミングをコントロールしてしまって相面を打てると相当立派だよ

という形になります

 

 

中心を制して相手から完全に中心を奪って居ついたところを面で打つのではなく

ぎりぎりになって余力を作ってあげる(中心をわずかに外すなどをして

「ほら、おうちなさい」と

そこで相手が打ってくるところをさばく

 

 

www.youtube.com

 

ウガ店長の動画のこの動画に該当します

 

 

 

 

まとめ:

 

6・7本目は、

「攻め」の形だと思ってくださいな

 

「攻め」について思い悩んだり、よくわからなかったりしたら

この6・7本目に顧みるということが重要です

 

そんでもって具体的な攻め方はこちらで

剣道「攻め方」 一覧 超必見 - 働いたら負け

 

 

 

 

日本剣道形はざっくりこうなります

 

1本目「間合い」

2本目「正中線

3本目「中心・打突機会」

4本目「相面」

5本目「応じ」

6本目「攻め」

7本目「引き出す攻め」

 

日本剣道形が

剣道の修練プログラムだって分って頂けるでしょう

 

 

ワイも今年知ったんだけどね

 

fal-ken.hatenablog.com

follow us in feedly