働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

「正中線」を意識して「天才」のセンスを会得する記事

 

これは、

どの剣道書籍でも書かれていない重要な内容である

 

何故なら

日本剣道形2本目「正中線」について

具体的にこの「正中線」について研究した人は

 

剣道とは関係ない「高岡英夫」さんであろう

 

 

剣道形2本目のテーマである「正中線

 

これ、ぶっちゃけ誰も教えられないし

ワイもよくわかっていなかった。

だが、この「正中線」の概念を会得することで剣道だけでなく

日常生活が劇的に変わるかもしれない

 

 

何故日本剣道形2本目に載っているほど重要な概念

正中線」が

全く剣道界に語り継がれずに終わっているのか!?

これは重要な問題である

 

剣道は、

というか真剣時代の武士が残した遺産は

我々が想像してい以上にすごかったのだ

 

 天才じゃない剣道人必読!

 

この記事をきっかけに「天才」の身体意識の入門に興味をもってもらえたら幸いです

 

 

 

まず、読者には

筋トレ

ストレッチ

ランニング

といったものに

 

「身体意識」

というトレーニング分野があることを覚えてもらう

 

正中線」とは「身体意識」の分野であり

現代までになんとなく語られたものである

 

なんとなくの結果、 

スポーツにおいて「センス」「才能」という言葉が使われてしまっている

 

実は、

センスのある人は「正中線」の意識が正しいのだ

それだけなのだ

 

ただ、「身体意識」には正中線だけではないが

 

正中線」が剣道形2本目に登場するレベルで意識するだけで効果があるので

これを学んで損はない

 

昔の武人たちはこのことをわかっていたんです。すごいですね

 

剣道人なら、ここまで読めば興味が湧いてきたであろう

 

 

この記事でいう「正中線」とは!?

 

 

剣道人が作るべき最初の「正中線

 

 

ワイの経験上の話をします

剣道で「 前に出よう!」とするとき身体の前方を意識すると身体が思うように前に出ないということはありません?ワイありました

こういう時はスランプ時期に陥ります。

 

しかし、こういったスランプも身体の意識づけが原因だったわけです

 

スランプの時の身体の意識づけは

身体の前側の部分に意識がいっちゃうんです

それだと、身体の司令塔である背骨と意識の距離が遠いため始動が遅くなるわけです

 

この画像をみてちょ

 

f:id:tegoshiina:20191128213811p:plain

センター

 

センター=「正中線」です

 

側面の身体の意識づけとしては「背骨」あるいは「背骨の前」の部分に正中線がくるようにします。

 

トライしてみると

身体がいつもより後側に意識されて違和感を感じることでしょう

 

しかし、実際に体を動かしてみると....あれ?思ったよりスムーズに動くぞ!?

となるはずです

 

「背骨」は身体を操作する司令塔でもあり、

身体の始動が早くなるだけでなく、

「腰」から始動した身体というのは相手に「起こり」を感じさせるのが難しく不気味にみえるのです。

地球の中心からわきだつ「正中線」を軸で感じるということは非常に重要です

 

 

更に細かく正中線の意識づけをしていきますので

詳しい正中線ポイントを覚えていきましょう

 

f:id:tegoshiina:20191128213921j:plain

 

 

正中線を意識づけるトレーニン

 

「ウナ」→かかとより内側。

「膝玉」→ハムストリングの後側

「玉芯」→アナル。肛門を絞める

  「背玉」→背骨のまえ

「頭玉」→耳

「天芯」→ハゲがはじまるところ

 

 

もちろん、剣道の上級者はみんな正中線があります

 

というのも高段者は姿勢がいいですよね

 

この姿勢の良さというのは剣道の力量に大きく左右されていたんです

身体の中心を使った剣道というのは

想像以上に強力だったわけです

 

 

続いて正面です

f:id:tegoshiina:20191203111611g:plain

正面

 

 

剣道では、左腰、左足のライン意識が重要なので

①と②を意識する必要があります

 

丁度、身体の真ん中後方に地面と天空にぶっ刺された感じをイメージするとよいです

 

 

注意:

右利きだと②の右腰ラインを正中線にしやすいのですが、

右腰ラインで身体を動かすと、身体を「引っ張る」ような形で身体を前に出すことになり効率が悪い

 

左腰ラインの②の正中線で身体を動かした方が身体を「押し出す」ような形になり、効率が良くなります

 

稽古終わりの際披露している筋肉が右半身にある場合は反省しましょう(ワイ経験談

 

正中線意識づけトレーニン

 

・垂直のものをなぞって自分の身体に徐々に近づける

 

・自分の身体の正中線を使って身体を1回転させる

 

・身体の骨、筋肉の一つ一つ意識しながら脱力させてみて

身体のパーツ意識を磨く

 

と、今回は

なるべくわかりやすいけれども大雑把に紹介してみました。

正中線の概念はワイもよくわからないほどもっと深いです

 

ワイも完璧ではないので(完璧だったらイチローレベル)

レーニング方法は専門の本を読んだ方がいいですが

 

興味を持ったなら、必読不可避です

 

 

 

 

正中線」という概念を

意識すれば剣道は劇的に変わるということでした。

 

 

 

 

剣道界で

昨今まで、この身体意識を剣道に取り入れてそのとっておきの情報を垂れ流しているのは「さっちゃん」が初でしょう!

 

出どころは高岡英夫先生なんですが

 

 

 

追記:

と、思ったら「ウガ店長」が「正中線」の動画をアップしました

 

恐れ入ります。

 

こちらは正中線の「効果」

動画をみれば相乗効果で正中線が深められます

 

www.youtube.com

 

 

 

 

fal-ken.hatenablog.com

follow us in feedly