働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

2chか5chの「ビルメン」って一括りにしすぎじゃね?

 

今回は

「2ch」のビルメンスレの真実、嘘を読み解くために

 

ビルメン業界の構造を説明したいと思う

 

といっても、ワイが知っている範囲で話す

 

違う場合は、もっと詳しい人コメントで捕捉してほしい

 

 

ネットで言われている

「系列系、独立系」と言われてもイマイチピンとこない

ワイも未だにピンとこない

 

 

ちょっとよくわからないので割愛

 

 

 

・自社ビルオーナービルメン

 

ワイは知らないから妄想で語る

会社でビルの設備をやっている「不動産会社」の「ビルメンテナンス」であり

シフト制ではなく平日日勤がメインになると思う

 

面倒な仕事は「下請け」に任せて

不具合があれば動く

 

業者に外注するのも、自分たちでやるのも会社次第

 

近年は昔の職人たちが定年退職を迎えて業者に外注が多いのだが、自分たちでやった方がコスパは圧倒的にお得である。

 

ただ、一従業員が自分たちでやったところで会社は従業員を評価するかは疑問である

 

業者に任せた方が圧倒的に手間が省けることも多いし

 

 

・オーナービルメン

ビルの所有権は持っていないが

ビル管理の運営をやっているオーナー

 

自社ビルオーナービルメンと違うのは、命令系統的に完全トップの立ち位置ではないため

「現場の知らない上に報告する」などといった不毛な作業がある

 

 

 

・下請け ビルメン

こちらはネットで言われる「独立系ビルメン」でネットでステマをされているビルメンである

シフト制でオーナーから日常的な設備業務を一任される形となる

24時間体制か営業時間までなのかは施設による

オーナーは平日日勤であるので、オーナーと一緒に働いている人は夜や休日は一人、二人に勤務になり楽になる

 

ビルメンを語る場合は基本的にこの形態である

 

 

・指定管理業務

ワイの推測であるが

楽なビルメンというのは「設備」の仕事として扱われず

「管理人」や「用務員」といった名前にすり替わる

というのも完全に設備を扱わず何かあったら基本的に業者に任せる状態である

 

設備の不備があれば基本的に業者を呼びこちらは待機をする

やっていることはほとんど待機

でも、「法律上施設にはだれか一人いないといけないからいる」

こんな楽な仕事を「定年後にやる仕事」だと「老害」がとるんだったら我々がいち早く確保しなければならない。

 

求人を探す場合も「指定管理業務」で調べるといいだろう

出てくるのかよくわからないが

 

ビルメンビルメンとは言っているが

ニートの諸君は基本的にこっちの方を薦める

 

・巡回型ビルメン

何か設備のトラブルや定期点検を色々な施設を回って行うビルメン

 

ビルメンというより「設備業者」?なのだが

ネットでいうビルメンではない、と思う

 

主にどういう設備内容があるのか紹介してみよう

 

・消防点検を扱う会社

基本的にお勧めしない

法律で各施設半年に1回を行う義務があることで需要が安定している

3日くらいかけて、トイレの水を押し込む奴みたいなのをスプリンクラーに掲げて

発砲確認する作業をするが

面倒くさそう

これは×

 

・ボイラー整備士、冷温水発生器を専門に扱う会社

ボイラーマンである。

ボイラーは車と同じ工業製品であるため、使っていくうちに消耗していく

そのため5年~10年くらいたったらガタがくるため

連絡がくる

 

その時はかけつけて故障の原因を探したり

ボイラーを交換したり、その下見をしたり、運んだり.....

 

まぁ、面倒くさそうであり、いっちょ前に働いている

 

会社によるが激しいノルマがあるようには思えないが....

いや、絶対とは言いきれないな

ニート向きではない

 

変な人間がいなければ安定して働ける

 

活動は平日日勤だと思う

 

電気屋さん(停電作業)

いわゆる「停電作業」

設備では

年一回「停電作業」をやらなければならないことが法律で決まっている

 

そのために呼ばれる電気屋さんで

 

基本的にビルのテナントがいない時間帯にやらなければならないので

深夜

徹夜で活動することになる

 

我々一般のビルメンは年一回付き合わされるが

電気屋さんはいつもこれやっていると思うと反吐が出る

 

これは絶対にやめておこう

 

・空気環境測定

空気環境測定を業者さんに任せている場合

この人たちが月に1回くる

あまり難しいイメージがなくこの人たちはラクそうだ

各階の空気をチェックして回るだけである

 

 

・エレベーター定期点検

多分、そんなにハードではない

エレベーターは月に1回定期的に点検しなければならない

エレベーター3つあったら2時間くらいかな?

 

・貯水槽清掃

これは、神業務!?

コメント欄に頂いたので表記します

 

汚水槽清掃は怠いらしい、たしかに汚い 

 

 

 

まとめ

 

えぇ、こんなに種類あるのかよ

 

と思うかもしれないが

 

実際の所「下請け ビルメン」の数が多いはずだ

それに「巡回型ビルメン」の求人では名前の表記が違うでしょう

 

ちなみに

太平〇ルサービスは、人件費を大量に削りたいがために

巡回型ビルメン(業者)に頼らずに全て自分達でやってしまおう!

という想いが強く

みんな素晴らしくやめていく。

 

こういうパターンがビルメンのブラック企業大賞として

有名になっていくのだ

 

 

follow us in feedly