働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

試合に勝ちたいなら「蹲踞」を極めろ!

www.youtube.com

 

正しいやり方は「ウガ店長」の動画で。

 

蹲踞:

日本の神道など宗教でお勤めをするときの姿勢や家来の武士が待機するときの座法の一つ

 

 

蹲踞は

 

剣道の伝統継承性の要素が強く

 

 

「儀式」みたいなものです。

 

 

でも、何故これが試合の勝敗に直結するのだろうか?

 

 

これは、「メンタル・トレーニング」に関連します

 

 

 

トップ・アスリートは、

プレイの直前何かしらの儀式を行っている

 

 

わかりやすいのは「イチロー

 

彼は、打席に入る前、相手投手に対して、右手を伸ばしてバットを垂直に立てます

 

他にも打席に入る前は身体をくねくねしますし

 

イチローは見えないところでの儀式が多くあります

 

儀式の効果というのは

「雑念を取り払って、プレーに集中する」のが狙いです

 

 

なんでもいいのです

個人個人で行う「儀式」。

バットを股間に挟むとか

 

 

ところが

 

剣道では、個人で考えなくても

「儀式」が組み込まれています

 

 

蹲踞は、

戦う直前に心を落ち着かせる、下丹に気を溜める「儀式」です

 

 

剣道はシステム的に「心」を鍛えるプログラムが為されているわけです

 

 

心を込めて蹲踞をする

「自分の剣道をする」「落ち着いて試合をする」などと想いを込めて

 

ゆっくりと正しく蹲踞することで

メンタルを向上させます。

 

試合の立礼もそうです。

 

 

 

この記事に納得していない方

 

おそらく多く存在します。

メンタルの世界は、根拠が乏しく

トップアスリートの経験談を集約させるしかないと考えます。

 

トップアスリートが共通して行っていることに何らかの「ルーティーン」が存在していることが多く、「儀式」の重要性を説いています。

 

試合に勝てない人・試合に出たことがない人は、

技術的な部分ではなく今一度、自分の「精神面」について着目する必要があります

 

 

剣道は、完全に1対1の競技

注目も緊張感も他のスポーツとは桁が違う

 

精神を鍛えるのは必須なのです。

 

 

余談:

精神を鍛えるためにただ単純に死ぬほど練習するのにワイは反対します

 

何故なら、死ぬほど練習するのに負けたら

「才能がないんだ、剣道辞めよ」という発想になるからです

そして、大半の剣士は高校で引退します

 

勿論、練習は必要ですよ

 

 

剣道では

こういった形式的「儀式」による

精神面を重宝する動作が組み込まれている素晴らしい武道ではありますが

 

肝心のやっている剣士達が、「精神面」というものを重視せず、剣道の技術だけを磨こうとするのは非常に勿体ないです

 

 

 

まとめ:

 

「蹲踞」は精神を整える「儀式」

 

下っ腹に「気」を込めて

「自分の試合をする!」「自分の剣道をする!」と想いを込めて立ち上がりましょう

 

 

 

追記:

 

蹲踞以外にも「儀式」は勿論作っていい!

 

1本取られた、取った場合

開始線に戻る時は審判の背中を通らずに最短距離で戻るのがルールですが(学生諸君、気をつけて

 

戻る時に「深呼吸をする」「走らないで歩く」

など作ってもいいです

 

試合会場に入る前に、手足をぷらぷらさせる

でもいいでしょう

 

団体戦試合開始前に、チームで「おぉーー!」といって拍手し合うのも「儀式」です

 

「立礼」も丁寧にやることにより、自分の「儀式化」にできます

 

 

何気なくやっていますが、すごく「精神面」では、すごく重要なのです

 

fal-ken.hatenablog.com

follow us in feedly