働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

ニートに襲い掛かる!?老老介護問題について考察

このブログでは、将来ニートに降りかかる漠然とした不安を

一つずつ潰していくことを心がけてきましたが

 

「老々介護」について触れていなかったので

今回取り上げたいと思います

 

 

 

 

現在、日本では

 

2週間に1件

認知症の親を子供が殺す事件が起きています

 

 

年老いた親の介護のために仕事を辞めざるおえなくなり

金もなくなり、疲れ果てたあげく心中を図るといった事件です

 

高齢化もあるので

これらの件数は増えるでしょう

 

 

その中でも

2006年「京都認知症母殺害心中未遂事件」がメディアに取り上げられていますが

 

 

事件の内容は省略

 

 

介護に時間を割くために仕事を辞めざるおえなくなり、

ハローワークに行っても介護と仕事を両立できる仕事がみつからず

貯金がなくなり

生活保護を申請するも水際作戦にあい

疲れ果てて母親を殺し心中しようとするも失敗

 

「もう生きられへん、これで終わりやで」

「泣かんでええ。そうか。一緒やで、お前と一緒やで」

 

 

 

この息子は裁判官の恩情で殺人事件では異例の

執行猶予のついた判決だったのですが

 

 

 

8年後息子は琵琶湖周辺で自殺

 

 

 

いかがでしょう、

 

2週間に1件、このような殺人が起きているわけです

心中ならもっと頻繁です

 

 

おい世間、認知症と介護疲れを舐めとるのか ?

 

 

ワイは、助けてあげたいですよ。

しかし、

国にお金取られたり、国にまともな雇用を奪われたりしているので

国がなんとかするべきです

 

 

 

え?国は?何もしなかったの?

 

 

一方、

政治家の月給は120万である

 

 

 

ここで「心無い弱者叩きの自己責任マン」が登場するわけですが

具体的には生活保護制度を廃止するべきだと考えている人間の事ですが

別記事で彼らはディスっておいてこの記事では省略します

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

 

生活保護の捕捉率(生活保護が必要な世帯で生活保護を貰っている人)

 

15~20%です

(政府は、正確な数値を出さないように誤魔化している)

 

先進国最低ランクです

 

 

生活保護も戦わないと貰えない

 

一人で行ってもあしらわれるという後進国っぷりです。

 

 

国が

こんなどうしようもない

 

 

 

対策:

 

本当はこれも生活保護しかないのだが…….

 

 

親の認知症予防が必須なのか?

 

 

ニートよ、ニートを辞めるな。親に世話をかけさせろ

 

それが親の生きがいとなるのだ

 

親の認知症防止のためにお前はニートをやっている

 

いいことではないか

 

 

ただ、明確な予防というのは各個人でやるべきではあるが

しかし、そうはいってもなるもんはなる

 

 

 

 

まとめ:

 

介護が必要な老人は

施設に預けるという選択肢もよく検討する

 

自分で介護するというのは相当な覚悟が必要だ

 

 

安楽死生活保護でも

 

 

ニートでも老々介護問題でも

 

行きつく解決策は「生活保護申請」である

 

 

現在この問題をほったらかしにしていると

 

介護疲れの心中・殺人事件が後を絶たない

 

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

follow us in feedly