働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

それっぽく攻めて、なんとなく技を出すのに卒業だ!『初太刀』を考える委員会 開催

www.youtube.com

 

今回はこちらの動画を拝借

 

すごい時代です、はっきりいって革命です

ユーチューブのおかげで8段の剣道が自宅でみれるわけですから

 

 ※注意

全日本選手の動きを

社会人の我々は、真似しません。

肉体的にも悲鳴をあげ、寿命もつきてしまいます。

というわけで、

剣の技術と刀法が伴っている剣道のプロフェッショナル8段の先生の初太刀を研究し

ただ、論理だけではなく、刀法に沿った美しい初太刀を披露しようではないかと

ワイが立ち上がりました。

 

 

段審査でも試合でも

幾分か参考になる記事に仕立てました ので、是非どうぞ。

 

 

 

 

ただ、やみくもに技を出さないところに美しさを感じますが

師範方は一体何を考えて

初太刀を考えているのだろうか

 

 

初太刀とは!?

 

まず剣道は「斬りつけ」のための竹刀刀法であり

敵を一刀両断に仕留める斬撃力ではなく、

敵の体制を崩して二の太刀を繋げるための打突であります

 

 

宮本武蔵五輪書の冒頭では

「顔面打ちが必勝だちょ」

 

顔面打ちを初太刀に行うことにより二の太刀で敵を一刀両断にする

 というのが真剣で戦う上での必勝プロセスとのこと

剣道では「二の太刀」をやりません「初太刀」のみです

 

「コテ」「ドウ」「ツキ」は?

これは、正しい面を打てなかったときの指摘をするための技であると言われています

 

ということで、

剣技を磨かれ、

一番美しいのは「メン」です

 

 

さぁ、改めて考察していきましょう! 

 

 

www.youtube.com

 

この動画の立ち合いは10組あります

それでは、

それぞれの打突の組み合わせから出していきます

 

動画の打突内容

1組目 

下攻め→相手の手元が下がる→飛び込み面  〇

下攻め→面返し胴

 

考察:

下攻めに対して、相手が竹刀を押さえ込んだので(居ついたところ)を逃さず面打ち

対して、竹刀を押さえ込むことで相手の面を誘って面返し胴

 

2組目

裏中心攻め→出ばな面 〇

小さく1歩すり足→飛び込み面

 

考察

打突する前に裏から竹刀を払ったり、裏から攻め込むことによって

相手は出ばな面の可能性をすて小さく1歩すり足ではいる決断をするも

出ばな面が思ったより伸びた

 

 

3組目

下攻め→飛び込み面

 

下攻めをすることで相手を居つかせる

すかさず飛び込み面。

 動画ではみづらいが、相手が前に若干詰めたタイミングで下を攻めている

やはり出頭を狙う

 

4組目

下攻め小手→(相手が受けたところ)担ぎ面→(相手が受けたところ)引き面

 

(相手の打突打ち終わり)引き小手

 

小手を打つも、相手が打ってこなかったためすぐさま小手返し面を警戒

相手がその場から動かなかったため担ぎ面で反撃

 

やはり、小手は「点」を捉える技にして、冴えのある打突をすると動きが止まります。

本来なら小手→面と行きたかったところですが

相手を警戒しながら担ぎ面という形で持っていきました。

小手を仕掛けたあとの残身について勉強になる立ち回りです

 

 

5組目

下攻め飛び込み面

 

考察:

相手のわずかな前進に対して、すかさず下攻めを行い面に入った

 

6組目

相手の竹刀を押さえ込む

→相手が竹刀を押し返し中心を取ったところ竹刀を裏に回して中心を制する

→飛び込み面

 

(相手の打ち終わり)面

 

考察:

中心を制するけれども、相手の竹刀の押し返しが強い場合は裏から中心を制する

中心を制されたので、打突の打ち終わりを機会に面を打つ

 

 

7組目

出鼻に対しての飛び込み面

 

考察:

面を打った方は、打つ直前に

攻め込んで、内間に入りすぎたので1歩下がってやり直しをしたところ

相手は距離を詰めてきた

すかさず、出鼻で飛び込み面をしかける

 

不意をついた飛び込み面

 

 

8組目

1歩入って小手→相手が受けたところ面

 

考察:

打つ直前に竹刀を押さえ込んでも

相手の剣先が柔らかいため、

飛び込み面を打たずに竹刀を回して小手

相手は小手、胴を打たずに居ついたのですかさず飛び込み面

 

相手の剣先が柔らかく

相手から仕掛ける気のない相手に対しての初太刀として非常に勉強になります

 

9組目

攻め足半歩で止まりガード→そのまま面→面

 

相手の若干の攻め足に対して

緊張を解くかのように仕掛ける

お互い探り合いのまま

相手は手元を上げないで居ついたため、面→面

 

10組目

飛び込み面途中でやめる

 

(微妙~にすり足し下攻めをして、相手の面を誘っている)

→面返し面(後ろ残身)

 

考察:相手の面が一足一刀より遠間から打ってきたので

返せる位置だと瞬時に判断し面返し面に切り替えた

 

おそらく

面返し面は、狙って打ったのではなく

相手が気持ち遠間で先に技を出してきたため

反応で打てるように事前に準備していた技

 

 

 

今回の動画をみて

ぱっと思ったこと

 

飛び込み面を得意とする者よ

4組目と8組目のアプローチをみよ

 

何故小手を選択したのか?

2組とも「相手の剣先が柔らかすぎる」状況にあると考えます

 

この状況で飛び込み面を打ったら高い確率で「出小手」「面返し胴」に負けます

ソースは残念ですがワイ

 

飛び込み面に対して出小手を打たれて悩んでいた諸君

ワイと一緒に小手面を磨こうではないか

 

さっちゃん 小手の極意 ~小手が苦手なあなたに~ - 働いたら負け

小手打ちというのは、「点」で捉える技なので流れて打ちません

冴えのある小手打ちが出来るということは

一旦とまるんです。だから、小手を打った後に、相手が技を出してこなければ面を打つんですね

小手面の記事今度作ろうかと思います

 

 

動画の立ち合いの共通セオリー

 

 

鉄則1:しょくじんの間で剣先の柔らかさをみる

剣先と剣先の触れる程度で間合いを維持していますね

 

何故

「遠間からしょくじんの間に入るのか」という理由にあるのですが

 

これは、

竹刀によって相手との間合いを図るためであります

人は

竹刀がないと間合いが取れないんですね

 

 

鉄則2:攻め足を繰り返す

 

先生方をよくみると、小さく足が動いているのがわかります。

ただ突っ立っているだけではありません。

ただ突っ立っていると(居ついたところ)を作ってしまいます。

 

しょくじんの間で剣先の柔らかさを確認したら

左足を固定して右足で攻めます。(遠いなと感じたら少しすり足をします)

右足で攻める時は、こちらは左足で身体を前に送り出すように攻めます。

このとき左足は床に踏ん張っています。

 

一足一刀、内間になっても

相手に崩れる気配がなければ右足を戻してやり直します。

 

これを繰り返します。

 

「攻め方」について

攻め方一覧から引用してほしいのですが

剣道「攻め方」 一覧 超必見 - 働いたら負け

足のさばき方はこちらでみてください

中心攻め飛び込み面 一覧 「足さばき」だけで攻めのレパートリーがこんなに作れる! - 働いたら負け

 

 

 

 

この動画から初太刀の立ち回りパターンを分けてみた

 

1:飛び込み面を狙うなら相手若干すり足で前に詰めた瞬間に下攻めをして飛び込む

 

中心を制してのシンプルな飛び込み面のパターンよりも

相手が前に詰めた(すごく小さく前に詰めている)瞬間に下攻めをして、飛び込み面をするパターンが多かった。

 

今回、中心を制して面打ちというパターンがあまり見当たらなかったのは

・8段同士の立ち合いでお互い隙が作りにくい

・身体的な能力が落ちているため素直な打突は読まれやすい

 

こんな感じであろうかと推測はしますが

一番基本である

表中心を制しての面打ちの使い分けも考えたいですね。

 

2:わかりやすく相手が前に詰めた場合は、下攻めを挟まずに出鼻面を放つ

こちらは、いつでも打てる姿勢が出来ている前提が出来ているかが問題にはなるが

 

例)

こちらが攻めて内間に入りすぎた

→一足一刀に戻る

→相手が下がった!と思って攻めてきた

→この場合は出ばな面

 

例)

相手が小さくすり足してきた

→出ばな面

注意:

足を全く動かさないで出ばな面を打つと出小手、面返し胴とられる可能性がある。

ソースはワイ

 

 

3:剣先の(表中心をあっさり譲るほどに)やわらかすぎる相手に飛び込み面に「待った!」をかける

やはり、飛び込み面を狙うのは厳しい

「2」は消去

「1」もややあやしい状況となる

 

初太刀の時点でそのように感じた場合

飛び込み面に「ちょっと待った」をかけ

 

・小手→面

・小手すりあげ面

 

を初太刀に狙うということでいきたいですね

小手面は連続ではありません小手を打って相手が居着いたのを確認してから面を打ちます

(相手が遠間から小手を打ってきた場合は小手返し面か相小手面

 

 

4:中心をよくばりに制するタイプ

 

中心をよくばられると

こちらの「表中心攻め」が機能しなくなります

何も「表から」が鉄則ではありませんので

そのような相手の場合は

 

裏から中心をとって飛び込み面

あるいは

押し返されたタイミングで小手

 

逆に否応でも中心を制してくるタイプは2択

表中心を制して面はダメ

逆に「押し返されたタイミングで小手」をとられてしまいます。

ソースは、やはりワイ

 

さらっと裏交差で中心を取って相手の鍔上を攻める、それか、

中心を譲って出小手か、です。

 

 

 

 

Q面返し胴はダメですか?

 

体力が衰えてきた場合、面返し胴を波多野先生が薦めている技です。

 

ただ、

さきほどの宮本武蔵五輪書を読むと

「胴」の評価って低いんですよ。

 

刀法で、刀を斜めに裁いているからでしょうか。

当たってもあまり旗が上がらないんですね。

というわけで

面返し胴を狙いたい場合は、「攻め」の動作が必須になります。

 

 

 

この記事を作成してみて

いやぁ、勉強になりましたw

 

剣先の柔らかさの確認と

打突の選択ですね

 

シンプルに

打突も

4つの状況による技を覚えちゃえばいいような感じもしました

 

fal-ken.hatenablog.com

 

follow us in feedly