働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

剣道人口を普及させるにはどうしたらいいか

世は子供の人口が減り、子供が少なくなり

子供の剣道人口が減りすぎてみんな悩んでいる

 

一体どうしたらいいのだろう

 

 

www.youtube.com

 

というわけで

またウガ店長さんの動画を貼ります

 

 

 

うはー、すごいわかりやすいな

 

 

 

 

剣道はかつて

 

・教養的側面

 

・スポーツ的な側面

 

 

で「教養的側面」→主に礼儀作法に関して優位に立っていて

 

剣道をやっている子供は礼儀正しい

 

というのが昔はあったのか!と

 

 

剣道の礼儀作法は日本の武士道ですね

 

 

そういえば、ワイの親も剣道をワイにむりくりやらせていましたね

 

 

ところが他のスポーツ、

例えば野球でも

挨拶、礼を強調するようになりました

 

今のプロ野球選手は破天荒というよりもまじめな印象が強いですし

 

というわけで

 

礼儀、教養的側面で他のスポーツと差がつかなくなった

 

 

ところが

 

スポーツ的側面だと、剣道は明らかに不利

何故なら有効打突が曖昧だから

 

 

 

剣道を普及させるには、剣道の礼儀はこの先よりいっそう大事になるという考え方です

 

 

一見、宗教臭くてマナー、礼儀作法なんかだりぃなと感じますが

 

これを頑張らないと

 

剣道界に明日がないということですね

 

 

勉強になりました笑

 

 

 

「働いたら負け」側面から:

 

現代の世の中はご覧のとおり

 

生まれた時代、場所で人生が決まり

正直者がバカをみて

 

表面ニコニコしている人間の方がいい

「正直」な心、真の心など武士道精神全否定の資本主義社会なので

 

剣道的宗教が、何になるのか?

 

日本人が

日本の神道文化そのものを重宝しなくなってきた

 という社会的警鐘

 

 

それを踏まえても「剣道の礼儀を重んじる文化」

これは剣道人にとっては、怠ってはいけない

礼儀を怠ることは

「剣道そのもの」を否定することにはなるのかもしれませんね

 

ワイは剣道界の行く末はわかりませんが、

 

これを重んじた上で消えていくなら致し方ないですね。

 

 

今後の剣道界どうなるかわかりませんが

 

どうせ衰退していくならば、

 

剣道人なら礼儀を大事にしてみようではないか!

 

と思わせてくれる内容でした

 

 

 

 

まとめ:

 

 

剣道の礼儀作法の側面を強調させる

 

礼儀を重んじる指導というのを大事にする

 

「剣道をやっている子は礼儀が正しい」と改めて認識させれば

 

口コミで少年剣道の人口が増える?という寸法です

 

 

 

ワイ自身、その影響を受けたのかは謎なんですが

 

follow us in feedly