働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

一気に詰め込むVS分散学習 脳の構造でどっちが効率良いのか

 

復習っていうのが一番面白くないのも事実で

今回は脳のメカニズムを説明して復習のタイミングを計り、勉強の反復による苦痛を減らす記事 

 

 

忘却曲線とかあって、

 

短期的に1気に詰め込んだ方が効率的なのかそうでないのか

 

これを理由に資格試験や大学受験でも

 

3か月で合格!とかありますよね

 

 

 

しかし、2浪してきてなんですが(この2浪時代は、単純にダメ)

 

勉強は長期的なスパンでやって方がラクという結論です

 

 

ある実験データ

 

勉強して2週間経ったグループ

 

勉強して2か月経ったグループ

 

この2人、最初テストしたら勿論2週間後復習したグループの方が点数いいですよね。

 

しかし、このあと2つのグループが同時に復習を行って、

 

翌日、再度テストしたら

 

2つのグループに大差がなかった。

 

これ、どういうことかというと

 

勉強して完全忘却しているなら、2か月たった人すぐに点数はあがらないけど、

すぐに思い出すことができた

→2か月たっても完全忘却はしていない

 

勉強には、復習するタイミングで能率が変わる

 

 

結論:

 

分散した勉強と一気に集中して覚える勉強法だったら

 

分散した勉強が勝ってしまいます。

 

覚える量が同じで、忘却時間があいても脳に長く残るんです

 

 

脳みその構造には

 

「保存」の力....覚えたものを暗記する力

 

「検索」する力...覚えたものを思い出す力

 

2つあって、

実は1回覚えた者は「保存」によって忘れなくなっている

 

しかし

「検索」する力というのが日が経つにつれてなくなっていく。

 

「海馬」という部分が「検索」に関係する。

 

 

これ筋肉と仕組みが同じで、

 

思い出すのが困難なほど、後に「保存」と「検索」がより強固になる

 

 

なんで脳の仕組みをこんな風にしたのか

 

それは、適応能力

 

例えば、異国の文化で適応する力ですね

 

急な転勤での生活とかも

 

全部「保存」機能を使ってしまうと頭がパニックなる

 

忘却することによって異国の地に適応するように人はなっていて

 

また、故郷に戻れば「検索」して引っ張りあげるようになりました。

 

子供は最初の保存機能=当然として叩き込まれたものがないため、適応できる

 

しかし、長く故郷住んで異国に移動した大人は、故郷の保存部分を忘れることができずに適応に困る

故郷では左側運転なのに、ここでは右側運転で慣れないとか

 

 

保存と検索を交互に浸かっているので

 

確認テストを行えば、思い出し方も変わったりする

 

つまり、記憶が変われば記憶が変わるようになっている。

 

 

follow us in feedly