働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

親に対するトラウマで本当の自我が決まってしまっている

 

自分のパーソナルに「親は関係ない」といえるか

 

物ごころが付くまでは、自我が形成される時期までに一番付き添っている人間の影響を受けないのか

 

 

それはNOである。 

 

 

人間は無意識に親のやっている「同じこと」か「反対のこと」をやる生き物です。

 

 

 

自我が固まる前に親によって

 

「劣等感」「怒り」「寂しさ」「罪悪感」

 

が植えつけられてしまって

 

自己主張ができない、いいたいことが言えない人間になってしまった人というのは

 

 

「他人」にまたあの時、親にやられたことをされるのではないか、と

 

 

これらの感情に対するコンプレックスで主張できなくなってしまいます。

 

 

 

俺は、「怒り」強いと思いますね。

 

それで

「絶対に親と違う生き方をしなければ」

 

という心に支配されて、わざわざ苦しい生活を強いられてしまうわけですね。

 

 

 

 

家庭が不仲なところで育った人は、

そもそも現段階の交際相手とどう付き合っていいかわからなくなって破綻する

 

 

交際の話になると

「良い子でいなさい!」って育てられた女性がプレッシャーに感じて

「親の収入より上回りそうな男を探して見つからなくて発狂」

→メンヘラ化

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

 

じゃあ、これからは自分の自我は変えられないのかといったら、

 

それもNOで

 

 

人は「今」を見つめることで自我を変えられる、今を生きることができるのです。

 

 

過去にこういうことがあったから今の自分がいる

→じゃあ、これからどう対策をするか、どう生きるかがイメージつくのではないかという記事でした。

 

 

follow us in feedly