働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

結局「強い人間」とは何なのか。僕は僕を認めていなかった

 

周りからたまに

「感情がない」

と呼ばれている殺ジン炒飯ですが

 

 

今回は、自伝

 

 

 

僕、交際してほぼ続いたことがない人間で

 

 

これ「なんでなのかなぁ?」「しょうがないのかなあ?」って思っていたんです

 

 

僕自体が情緒不安定になったり、相手が発狂したり

 

 

恋愛なんていうものは、何が面白くてやっているのかさっぱりわからない

 

 

 

こんなの無理!やめ!セフレ最高!

 

 

 

って思っていたのですが。

 

 

 

本当は何も別にセックスも実は

そんなにしたいわけではないのですよ、

 

 

 

そして、わざわざ心の埋め合わせを他人に頼る必要もない。

というか、それは本人にしかできない。

 

 

 

それで、気が付いたのですが

 

 

自分は本来「こういう人間だ」ということに、片方が、目を瞑っている場合

 

そもそも交際は成立しない、破綻する

 

 

それで、現代社会は、自分を肯定する場面が少ない(特に女性)

 

 

女性が男性をとっかえひっかえするケースが多い印象なのですが、いかがでしょうか。 

 

 

 

そして、俺も自分は本来「こういう人間」であるということは認めずに

 

強がっていたんです。

 

 

本当は、糞雑魚の自己主張のできないビビりな少年が

 

生活指導部の理不尽な暴力をきっかけに

 

「強くなりたい」

 

と思って、長年かけて強がっただけなのです。

 

 

自分は比較的メンタルが強いと思っておりましたが(多分強いと思います)

しかし、

剣道でも麻雀でも相手の心理状況を読んでいる「だけ」の話で、

気持ちのぶつかり合いになると正直勝てる自信本当はないわけです、相手が撤退してくれるまで我慢するというのが、僕の心理戦です。

 

 

 

でも、結局どこかで「心」が疲れているのに最近気が付きました。

地方でのフリーターという身分で肩身が狭くなっていたからもあると思いますが、

 

 

 

でも、交際となるとそういう自分と向き合うことに逃げられなくなってしまう

 

逃げることもできるのですが、それは「恋愛」として成立しない

 

そして、本来の自分を認識していないから、

 

 

交際相手はおろか自分にも無理をしてしまい、恋愛がしんどくなってしまう。

 

 

誰でも、しかり。

 

 

だから、続かなかった。

 

 

 

本来の自分というのは、

 

 

傷つけられたくない臆病な人間で

 

人と関わると、無理に気を使うから一人でいる方がらく。でも、寂しがり屋

 

鈍感どころか、かなり繊細なんじゃないか

 

 

 

とまぁ、こう、面倒くさいですね。

 

 

外に出れば、こんな素性を隠すというより認めていないで生活するわけですが

 

 

「付き合う」となるとそうはいかなくなり

 

まぁ、いつの間にか

 

本来の自分を隠さないと「フラれる」って思い始めたのが交際3人目ぐらいからです。

 

 

たしかに一番長く続きました。

 

相手のこと結構ほっといたりしました。

 

逆に、だんだん距離を縮めると、相手が段々発狂していきました。

 

この恋愛では、相手は、「愛されている感覚」が持てなかったのか、だんだん会う回数増やすと不満を毎回僕にぶちまけていました、

なんか彼女というより子供を相手にしている気分になり最悪でした。

 

そんな彼女の最悪な部分を、僕の最悪な部分でさえ認めていないのに、認めるわけがありません。

 

 

僕は嫌になり、相手も男が出来たみたいで、喧嘩別れをしました。

 

 

これを機に彼女を作ることに嫌悪感を感じ始めました。

 

 

 その前の

1人目2人目というのは、逆に自分を認めていない人で、僕を心の埋め合わせに利用しただけでした。僕にはそんな選球眼はありませんでした。

というか彼女が欲しかった、やりたかった。

 

 そして、あたふたしていたらふられてめちゃくちゃ引きずりました。

 

相手がもう自分のことは興味ないのに、自分は毎日相手のことを考えるのは、 地獄でした。

 

 

こうして、誰ともうまくいかなかった僕は

付き合うことに対するトラウマを作り出すことになりました。

 

 

「彼女作るのはだるすぎ。向き不向きはあるし、交際をせずに楽しもう」

 

これは、本音です。でも、

 

「また新しく交際するのは怖い」

 

自分の心の中にある臆病な真実に目を瞑ってはいけない

 

 

 

そうするとどうなるかって

 

 

次、自分のことを興味ない子を好きになるんですよ

 

 

それで、交際まで発展しない

 

 

逆に、自分のことに興味を持っている子には距離を置く

 

 

また、交際に発展しない

 

失恋しても引きずらない。そりゃそうだ。 

 

 

 

自分の内なる部分を否定するというのは、心のバランスを崩してしまうことにあたります。

 

 

 

双方が、自分のことを認めていないと

 

良い恋愛にはならないのかもしれません。

 

そうすると、世の女性たちにしろ自分にしろ、まともに恋愛ができる交際をすることができる器を持つ人間っていうのは、限られるのかもしれませんね。

 

現代社会がむしろ顕著。

follow us in feedly