働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

俺が必死こいて集めた 誰も知らない剣道の最重要動作

 2020/1/1更新

大幅更新して

剣道に伸び悩む剣士たちの悩みを解決するレベルの自画自賛

素晴らしい記事に仕上げてしまいました。

 

ワイも様々な人(本とウガ店長だが)から

技術を盗んで吸収して行きました。

剣道は「打って反省、打たれて感謝」です

 

これを読んでとんでもなく素晴らしい剣道を手に入れてしまった人は

あくまでも謙虚な心を忘れずに

先人の技術を継承したという気持ちを忘れず

リスペクトしながら剣道に励んでほしいと思います。

 

 

 

剣道の基礎というのは打ち込みではありません

 

「構え」 「打突動作」のメンテナンスは

常に重要であり

永遠の課題である

 

打ち込みはこれらのメンテナンスをしたうえで

常にその動きが出来るようにするための稽古なんです。

 

メンテナンスをしていないと打ち込み稽古は無意味です

 

カメラでみたり

三者が指摘したりして

念入りにチェックする

 

断言しよう、これを怠っている奴は、その先にいけません

 また、ある程度のレベルになったとしても

基礎動作をおろそかにすればスランプに陥りますし、

少し対策を立てられたら応用がきかなくなります

 

癖を解消するための初心の基本動作。

 

今から挙げるこつを守るだけでかなり強くなります

 

 剣道は、伝統継承性からそもそも自由な動きを認めていません

他のスポーツよりもコツを掴むというか、変則型が許されないスポーツであるため、変な癖を直さないまま練習すると向上がみられない

 

大丈夫、武道の正しい動きと言うのは、世界で最も人体の動きを極めた者たちによって結論付けた動きです

世界最強なのです

だから、ワイも大人になっても剣道やってるんだよ

剣道の正しい動きをやることに誇りを持ってください

 

 というわけで、

速さとかじゃないから(厳密には正しく動いた方が速い)

剣道は、

自由な自分を表現したい方は向いていません

剣道を稽古だけでなく礼法、心法、刀法を学びたい人に向いています。

 

 

ということで話はそれましたが

 

それゆえに幼少期の強さは指導者によるものが大きく影響してしまう

 

 

しかし、

この記事さえ読んでおけば「基本動作の変な癖を抑える部位」を意識的に解消することができるのでチェックして頂きたい

 

この身体の法則を理解してスランプ時の早期解消を図るように

 

上達を目指す人は

全部の項目読んでください!

 

 

 

 

握り

 

目的

・右手を支点とし、左腕を使った(左肩甲骨始動の肩を支点とした)打突をすることで

素早く最小効率かつ強直な打突を目指す。

 ・身体が右半身にぶれないようにする

 

 

1 右手の握りは内に絞らない

 

右手は力感なく

持つ程度

 

左腕は中指、薬指、小指を中心に、人差し指親指は添える程度

持つ部分の端に左の小指を持っていきます

 

絞ってしまうと、右手打ちしかも右半身が偏る打突になってしまう。

 ウガ店長の動画で手の握詳しくやってます

 

www.youtube.com

 

 

親指は竹刀を立ててしまうので力を入れない

小指は竹刀を相手の方向に倒すので、小指を意識する

 

 

構え 

 

左拳は自分の盲腸内側(チンポジの斜め上イメージで、左脇が閉まり、左膝が張らない程度の位置)の位置から拳一個分離した辺り、

両脇を占めて、両膝はラクに曲げる。つっぱねない

相手の水月辺りに剣先を向ける

 

 

構えも非常に重要です

↓詳しく

 

知るだけで上達する!中段の「構え」は2種類ある。 構えを理解する記事 - 働いたら負け

 

 

1 目線は相手の目

 

遠山の目という奴ですね

何故かは不明ですが、反応速度が速くなります

「一眼二足」

と挙げられるほど目が命。

 

相手の目を見る、または相手の目の下辺りでもよい

面がね上から6番目と7番目の間から相手をみましょう

ブラインドから覗き込まれている感じがして

相手からするとすごく気持ち悪く感じます

 

また、一番大切なのは

 ・絶対に打つ直前に打突部位をみるようなこと

 

大げさな話、相手の目によって攻撃が来るか全て判断できる。

また、目線を一定にすることは身体の余分な上下の動きを解消できることに繋がる

目で殺して、目で守る。

最低ライン、目で打突部位をみるレベルだとアウト。

 

地稽古で小手を打とうと思って小手をみてください

ワイは、それ見た瞬間「小手返し面」確定です

ブラフの確率もあるんですけどね、いままでブラフで小手みるような剣士はいませんでした。

そんなことをしなくても技術が高いんです

 

 上半身

上半身の定義:

上半身は脊椎移行部から上です。

おへそから10センチ上のあたりから上が上半身です

理由は別記事作成予定 

 

胸骨は肩甲骨・背骨に連動している

胸骨の前面操作は身体全体に影響を及ぼし

超重要である

 

1 オードリー春日のような背筋

 

オードリー春日のポーズ

 

胸を張る

そうすると、それと連動して

肩甲骨が自然と後ろに下がり、背中を二つに割ります

 

胸をはる効果は2つあります

・肩甲骨は打突の面でも最重要であり

打突を劇的に強化する記事 現代人はそもそも腕の使い方がまちがっていた 腕は「肩甲骨」がメイン - 働いたら負け

・胸を張ることは身体の姿勢形、「正中線」を作る上で最重要です

「正中線」を意識して「天才」のセンスを会得する記事 - 働いたら負け

・背筋を伸ばすことで脊椎移行部を張って身体で打つことを目指す

後日記事作成予定

 

注意

背中を反ったらヘルニアになりますので、胸を反るイメージでやってください

後日理屈作成予定

 

背中は伸ばす、胸は反る

 

www.youtube.com

 

 

脇を絞める(肘)

 

面小手胴全て、脇を絞める

構えた際に、脇のところに「空間を作らない」ことで竹刀の握りを安定させる

当たり前に考えていたが

これができないと打突に力を与えられない

 

両膝を楽にした状態で

脇は占める、と。

 

これはなぜかというと

脇を締めると肘が下に向く

打突の際に肘が下に向いていないと力が相手に伝わらないのだ

 

試しに壁に向かって

肘を横向きにして押したときと

脇を締めて肘を下向きにおしたとき

どちらが力を伝えやすいか自分で実験してみてほしい

 

この理屈がわかっている他のスポーツでも

力を伝える時、肘の骨は下に向いていた方が良い

 

肩甲骨≒胸骨

胸骨を作動させることで肩甲骨を意図的に作動させることが出来、

腕の可動域を大きくする。

また胸骨を使えることにより

背骨・骨盤の連動を促し下半身の自由性を増す。

 

↓肩甲骨に関する理論↓

打突を劇的に強化する記事 現代人はそもそも腕の使い方がまちがっていた 腕は「肩甲骨」がメイン - 働いたら負け

 

剣道では、

肩甲骨を使いこなす必要があり

「肩甲骨は内側に」と推奨されます

肩甲骨 - Wikipedia

 

しかし、

肩甲骨は重要であるため

重要だと意識するとその周辺が緊張状態になるのが人間の体の仕組みである

よって、

肩甲骨の意識よりも胸骨の意識によって肩甲骨を使う

 

・やはり、胸を張る

・ロコムーブ(モンキーウォーク)

→腕を頭の後ろに回しながら腕を天井に伸ばし

脇腹、胸骨を上にひっぱり腸腰筋を伸ばす。

腸腰筋を伸ばすことで上半身と下半身の連動を行う 

 

構え (左足)

 

左足を別枠にするほど左足は重要です

 

1 左膝を常に緊張させる

 

左足が剣道で一番重要 

 

左膝は左腰と連動しているためこの部分が非常に重要です

筋肉はハムストリングを使います。

 

勿論、ハムストリング→左膝、左裏側になります

 

人の身体、足というのは実は「膝を支点」にして歩くようにはできていません

股関節を支点として骨盤を動かすイメージで歩くのが理想です

その結果「左腰が左足に乗るように打つ」という表現が使われてきました。

 

左膝を伸ばし切っても、左ひざを曲げても、残身で左足が死んでしまう

要は、左裏側の筋肉がしっかり機能していればよい

 自分の身体にしっくりくる左膝の伸ばし方というのが重要である

 

www.youtube.com

 

また、この動画の通り左側を使って

自分の胴体を前に差し出すようにさばいた方が

右側を使って胴体を前側から引っ張るようにさばくよりも

身体がスムーズに効率よくさばくことができると考えられています

 

人体の構造上 

下半身の一番効率のよい歩き・走り方として

股関節を支点に骨盤を使って歩くのが理想

現代人は

膝を支点にして足を前に出しているが、実はこれ自体、体の動きとして効率が悪い

 

これをすり足に応用すると

左側の骨盤が左股関節に乗った状態で骨盤から上の身体を前に送り出す

そのために、左足は、股関節支点のばねとして機能するために、左ひざを伸ばすといった処置がとられます。

 

 2 左足親指に中心的意識 左足拇指球意識

 

・左足の床にかかる部分もチェック

拇指球親指側→膝の内側にかけて→アナルを絞める

湧泉

ここで踏ん張ること、生命線ですね

これは、右足の床にかかる部分も同じく湧線です

 

【剣道 Kendo】ライバルには教えたくない「足づかい」2/3 【百秀武道具店 Hyakusyu 】The Kendo foot movement - YouTube

 

左足を鍛える練習法

ケンケン足です

 

よくわからなかったら、とりあえずこの動画をみて練習しましょう

www.youtube.com

ウガ店長の動画を観て習得です 

 

 

 

 

左足の付け根の部分を意識します

自分の左足から床を蹴り上げる際に生命線となります

 

めちゃくちゃ重要です。

床に足が着く部分です、大地に足を踏みしめて

 

左拳・左腰・左膝・左拇指球・左指5本

 

これらを連動して左足を蹴り上げたいところです

 

 

www.youtube.com

 

 

 

3 でも 両足にかける体重は左右均等だよ

 

左足が重要ですが

左足に100%体重をかけてしまうと

バランスが悪いですね

 

3:7=右足:左足

4:6=右足:左足

左右均等

実は意見がわかれるところですが

左足が死なない感じで構えを見つけてください

 

 

右足

 

1踏込足

 

www.youtube.com

 

これ、みんなやっていて、打ちが遅くなっている原因です。

 

最近気が付いたのですが

右足指導の打突が出来ているかどうかは

中級者のかなり大きな壁となり

中心を攻めた面打ちというのができなくなります

 

踏込足はすり足のお兄さんであり、

なるべく床とすれすれで最後に踏み込む。

勿論、左足で自分の身体を押し出しながら右足を始動します

 

 

2右足のかかとは床すれすれ

 

右足で骨を立つ状態

これダメです

言葉では説明しづらいのですが

 

片足立ちで右足が立っている状態のように構えたら×

右足もあくまでも、かかとではなく

重心は拇指球内側あたりですね

 

右足はそれ以上意識はしません

終始、剣道は左足中心で身体を動かします。

 

打突

打突の打ちが弱いのです

こう悩む剣士が非常に多い

ワイも悩んでいましたが

この記事で解決してもらいましょう。

 

1 打突の強さは全て手の内問題です

 

・右ひじを曲げずに打突する

 

竹刀先の打突は、弧を描くのではなく直線 

面小手胴突き。全て、剣先が打突部位に対して真っ直ぐ捉えるイメージを持つ。

基本の大きい打突はともかく、実践では直線的な打突ではないと遅くて捉えられない。

 

www.youtube.com

 

 

・打突する瞬間に左拳を強く握りながら引く 

 

剣道は左拳の使い方が重要です

左拳の握力をただ単に鍛えればいいわけではありません

中学生の時、左腕の握力を鍛えただけのワイに言い聞かせたいですね

打つ瞬間だけ、左拳をぎゅっと握るんです

 

 そして、右手首は一瞬だけ押し出すことによって

 

打突する直前だけ、竹刀が床と平行になります

 

宮崎正裕先生なんかは

打つ直前

左拳が右腕の下の部分に一瞬触れる勢いで左拳を引くそうです

 

小手を打つ時は相手の鍔を割る気持ちで

 

 

そして、打突した後は力を抜いて

残身に入って行きます

 

 

打突が弱いからと

 

大きく振りかぶる

右腕に力が入る

筋トレマッチョ

 

このようなことを目的としたトレーニングは

剣道上達を限りなく遠回りの道へと導く行為となります

 

竹刀もばきばき壊れます。

 

剣道がいかに

知識が重要かがわかると思いますし

初心者の場合は、指導者も重要であることがわかりますね

 

特に

大人の場合ですが

 

これが出来ないと小手は絶対に打てません

 

ワイの場合

この打ち方が出来ない相手だと判断したら

「あ、こいつ小手打てないな」

と思ってしまうので

注意しましょう

 

 

勿論

面小手胴→全部一緒です

 

右手は押手、左手は引手

 

※小手を打つ時は鍔元より若干前を支点にして手の内を使う意識の仕方もある

 

小手は構えたところから打つ方が速く打てますが

打突の冴えをつけるために、より大きく左拳を引きたいところである

そこで支点をを鍔元から若干前にすることでてこの原理で竹刀の先をより傾けるのである

 

さらに打突を上達させるなら

肩甲骨も意識していきましょう

打突を劇的に強化する記事 現代人はそもそも腕の使い方がまちがっていた 腕は「肩甲骨」がメイン - 働いたら負け

 

 

2 左足を継がない

 

これも、超重要

構えの問題にもなりますが

体重がバランスが悪いと打つ直前に左足を右足の手前に引きつてから面を打ってしまいます

これを「左足を継ぐ」といいます

 

これご法度です。

初心者はなおしていきたいところですね

 

相手が「面が来る」とわかるためである。

これを知っているか知らないかで今後の剣道人生を大きく左右するものであるので気を付ける。

面は必須ルールである。

 

開始線から1歩入って面を打つと

よく面の応じ技をとられてしまいますが

 

左足を前に出すということは

相手にとって「攻め」を大きく感じてしまうのです

 

「左足を前に出す行為」

を意図的にいつでもできる構え作りが重要であります。

 

 

3 右足から始動する

 

打突は、必ずといっていいほど

 

右足が床をするように前に出す

→打突(右足を踏み込む)

→左足引きつけ

 

身体の一番最初に前に出るのは右足なんですね

 

しかし、右足を高く上げてはいけませんし

右足で前に出よ!といっているわけではありません

これが「溜め」のある打ち方となります

 

www.youtube.com

 

もっと、もっと、手と足を合わせる練習方法(素振り)【剣道 Kendo】Keiko to match your arm and foot movement 【百秀武道具店 Hyakusyu Kendo】 - YouTube

 

【Kendo/剣道】<攻めでお困りの方へ2/3> 相手を動かす攻めの足、手、剣先はコレ!How to Seme Vol.2 - YouTube

 

4 残身 左手を前に突き出す。

 

小手と面。

左手を意識すると力みが生まれる。この力みを解消する為に打突後は左を前に突き出すイメージを作る。

これにより打突後に腕があがったりなどの軸のブレを解消する。

 

面を打つ時は相手の顔面めがけて両こぶしを押し出す感じ

 

 

5 打突時、左足のひきつけ 

 

左足のひきつけは重要である。

打突の際の 左足の引きつけをよくするためには

 

面打ちの左足の継ぎと矛盾をするのだが

常に構えている状態の足をキープすること、

右足を前に出したらその分だけ左足も前に出す

とにかく、バランスを崩さない状態でいつでも打てるようにするのだ

 

 

6 水平運動に戻せ!

 

打突が弱いからといって

身体が上から乗るように打つ剣士がほとんどです

 

よくおじいちゃんや高段位の方と地稽古をする時

自分の方が背が高いのに相面で負けたことありませんか?(はい、ワイです

 

7段以上のおじいちゃんや栄花先生をみて頂きたいのですが

体捌きは全く持って床と平行なんです

 

打突の弱さは手の打ちでしたよね

身体は水平運動です

 

これをやると

身体の軌道が速くなる分

相面で勝てる確率があがりますし

 

無駄に遠間から打つようなことがなくなりますし

自然に飛ぶ距離も伸びます

 

 攻め動作

 

1 左手を固定して攻める

 

足と腰で攻めるためには左手を動かさない

 

左手を中心から外さない

 

www.youtube.com

 

 

 

2 陰陽の足を習得!

 

左足を継ぐと若干矛盾するのだが

 

右足を前に出したらその分だけ左足を前に出せ

ということです

 

若者剣道をみると

右足だけ前に出して足幅を広くして面を打つケースがよくみられますが

これ、実はよくないんですね

 

 

この説明は、中級者以下でも「左足を継がない」と若干矛盾し

困惑する事項なので別記事でやります

これは、「出ばな」ではなく、相手の「居ついたところ」をとらえる面の習得に関係します

 

 

素振り 

素振りの目的

・正しい腕の使い方を習得する

 

↓つまり、正しい腕の使い方の理論をしらないといくら素振りをしても意味がありません↓

打突を劇的に強化する記事 現代人はそもそも腕の使い方がまちがっていた 腕は「肩甲骨」がメイン - 働いたら負け

 

 

1 両肩を使って素振りする

 

手首を意識して素振りをすると打突がよわまる、更に竹刀に伝わる力だけが増えて竹刀が壊れやすくなる。

打突は竹刀にではなく、自分の身体に伝える必要もあるため身体に近い肩を意識する 

 

www.youtube.com

 

 

2 正面素振りの禁止

 

素振りをする時、面の位置で止める人がいます

普段の練習でも正面打ちをやると思います

 

しかし

ワイは、いっそのこと、これを禁止にします

 

何故かというと

普段の打突でブレーキをかける必要がないのに

ブレーキをかけてしまうわけです

すると打つ直前の「左は引手、右は押手」の技術を真似べなくなってしまうんです

 

竹刀が斜めに、天井に向かったところで止めている正面素振りは

逆効果です

 

剣士達が手の内に悩んでいるのはこの正面素振りを一生懸命やっているからといっても過言でもないでしょう

 

どうしても正面打ちをやりたい場合や

正面打ちが全体練習で入っている道場は

左手を引き、右腕下に左拳が当たるようにしてください

左手首の腱鞘炎に注意したいので

一日20本くらいで

 

 

 

まとめ

 

ウガ店長頼みの記事

だって、この動画わかりやすすぎるんですもん泣

 

 

「私は基礎動作をみにつけるのに50年かかった」

と8段の先生がかつておっしゃられていた

 

基礎動作だけでも

やること、意識することがパンパンなわけです

逆に剣道はこれが最も重要で

これさえできれば、ほかの適当な技、打突機会にいつでも打てるなど

小難しいことがぽんぽんできるようになります

 

 

5段以下ぐらいの人間ほど

「俺は基礎が出来ているから読まなくていい

速さだ!速さがほしいなり!」

と勘違いしてしまいますが 

論外ですね~

おしりぺんぺんです!

 

「面小手胴打てる!」

とかそんな次元ではない

 

 

ワイはこれらのルールを全て

無意識に護ることができません

果てしなく難しい

ワイの力不足....!

日々、基礎操作を研究する毎日である。

 

基礎動作は一生やってください

 

ワイは

基礎動作を極めるために

正しい身体操作方法の勉強中です

基礎動作の探求はいまだ続くのです 

 

 

習得するのに時間はかかると思いますが

 

何もハードな練習ではないですし

一人でもできますし

姿勢はよくなりますし

いいことづくし

 

日常生活に剣道導入も可能なわけですね

 

 

追記:超初心者の方はまずこちら!

 

超初心者の方は、まずはこちらのハードルからぶつかることでしょう!

 

打突時、手と足を合わせる

 

↓ウガ店長頼み↓

手と足が合わない理由、教えます。【剣道 Kendo】 how to match your arm and foot movement【百秀武道具店 Hyakusyu Kendo】 - YouTube

 

 

 

follow us in feedly