働いたら負け

働いたら負け

「何もしたくない」ので、大手企業・学歴・人などを全て捨てたブログ のんびりニートライフ情報満載

follow us in feedly

働いたら負け
ーおすすめ記事ー
カテゴリー

TPPで地産地消全滅。農薬パラダイスがん発症でががががーん

 

アベノミクス三本の矢「成長戦略」

安倍政権:最悪の功績はなんといってもTPPですが

アベノミクスぐらいは理解して、僕達みんな絶望する記事 その1 - 働いたら負け

 

TPPの参加は農家を死滅させ、地産地消をダメにします。

 

 

経済的に豊かになる?

違います。農業工場の運営している資本家にお金が集まるだけで、農家は死亡です。

安倍ちゃんも「日本の農業を守る」といっているだけで「農家とは言っていない」ということです。

「農家は死ぬけど、大きい農業工場で雇用を増やすから、そこで安月給で働いてね」

という理屈です。

 

この工場で生産された野菜は海外にも輸出するため、安く大量に農薬の入った身体に問題のある野菜です。

 

 逆もしかり、

外国産の大量生産で安い食べ物は、輸入をするための保存機能のための農薬、遺伝子組み換えで不安なものがこれから出そろうことになります。

 

 

動物が裏で殺処分されているだけでなく

 

豚の脂を増やすために、豚を失明させてビタミンAを作る必要をなくし

運動させないで肥やし、大きくしたら高圧電流で殺すわけですから

 

大量生産大量消費のTPPというのは、他国の巨大な生産工場で色んなもん生産するわけで

 

 

安心安全の地元の生産物を新鮮なうちに消費するということがTPPで無理になってしまうわけですね。

 

 

輸出入がない昔の日本では

肉はトリ、ウサギ、イノシシなどの消化に比較的優しい決まった動物をタンパク質に、豚は食べてこなかったと言われています。

日本人の消化器官にあわなかったんですね。あとは魚と貝です。

 

地産地消で自然との調和が取れていた時代です。

 

この時代、生活習慣病脳卒中やガンではなく、死因は予防接種である結核が一番でした。

 

経済成長で

それらが失われるというのは

 

経済的な側面にしても

 

健康的な側面にしても

 

倫理的な側面にしても疑問が残るわけですよ。

 

 

 

さて、大量生産に備えて日本は去年の12月、海外では禁止されている農薬の認可が下りてしまいました。

 

fal-ken.hatenablog.com

 

官僚か総務省か繋がっているのかこれネットでしか、しかも少数にしかニュースにされませんね。

 

 

 

スーパーで販売されている野菜の危険度アップです。

 

 

がんを引き起こす可能性があがるので、

 

〇〇さんの作った季節の野菜みたいな地元の野菜か

「もやし」しか食べれないじゃないんですか割と

 

 

そうなると、野菜がどこで栽培されているかの研究も必要かもしれません。

 

 

北海道の数少ないいいところ、食料自給率高めっていうのがありまして、

東京とかだと金払って有機栽培の野菜食えない奴オワタですねぇ~。

 

 

殺人炒飯は、

納豆と卵で生きるよ

 

 

TPP参加表明ってやばいことしかねぇけど、世間が思ってるより騒がないって「放送しない自由」で牛耳られてるわけですよ。

 

 

追記:

 

TPP発効されたら国際間のマネー競争勃発されますが

 

アメリカ離脱は好都合として

 

オーストラリア、シンガポールニュージーランド....

 

資本がこれらの国に流れていく...

嫌な予感しかしないのですが

 

いやぁ、なんで参加するのかイマイチ理解できねぇな。

 

follow us in feedly