働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

働いたら負け!「お金」なんて稼ごうとするな!

 

誰だって思うハズ

 

お金ほちぃ

 

「お金ほちぃ」という欲求は誰もが抱える欲求ですが

 

この欲求、お金によって縛られることで

「奴隷(サラリーマン)」から抜け出せずに

すぐに退職どころか「俺は根性があるからそれだけ賃金もらっていいはず」といったわけのわからない思想になってしまいかねない。

 

 

今回は何故「お金を稼いではいけない」

厳密にいうと「お金を稼ごうとしても豊かな生活は送れない」ということを趣旨に論じていきたいと思います

 

 

 

お金を稼ぐ手段とは

 

資本収益(不労所得、不動産、株、投資)

労働収益(雇用)

 

この2つにカテゴリーとして分けられます。

それでは、1つずつみていきます

 

 

資本収益

 

まず、現代社会というか

世の中は労働収益よりも資本収益の方が稼ぎやすくなっています。

トマ・ピケティのr資本収益率>g経済成長率 格差問題の具体的構造である公式を深める記事。 - 働いたら負け

 

たしかに、資本収益を獲得するための資産があれば楽してお金を稼げます。

お金持ちになるには、これを獲得するしかありません。

それでは色々みていきましょう

 

 

不動産投資

 

しかし、不労所得での収入、株の投資での収入

 

資本家、財閥はお金があるので投資が出来る

→確実に利益が出る

 

しかし、我々庶民は投資する程のお金がありません

→銀行からお金を借りる?

無理でしょう。庶民にバンカーはお金を貸してくれません

クラウドファンディング

無理でしょう。投資家がそんなつまらんビジネスにクラウドファンディングしません

 

 

株の投資での収入

 

fal-ken.hatenablog.com

 

結論:こんなもんワイには無理です。

 

面倒なので理由は省略

 

 

 

起業してビジネスを起こす

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

資本収益を獲得するためのながぁ~く、危険な道のりを歩むことになります。

 

起業した会社は10年以内に潰れているのが90%以上

こんなのやってられません。

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

通称:グレーゾーン

 

情報商材によるお金稼ぎは

お金というのはそもそも対価があって提供する者であり

対価なしでお金をもらうのは詐欺です

 

しかし、詐欺というのはすごく巧妙で法律の穴をかいくぐることができる。

 

また

情報商材で稼ぐ方法を売るビジネスがありますが

合法マルチであり、他者に対しての信頼の失墜は犯罪者以上のレッテルを張ります

 

アフィリエイトで稼ぐ方法を売っている人も

BIで稼ぐ方法を売っている人も

ユーチューブで稼ぐ方法を売っている人も

稼ぐより、この中身のない情報商材を売った方が儲かるから販売しているのです

本物のアフィリエイターは本業で稼いでいるのでこんな情報商材を売りません。

 

 

カイジ 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

ギャンブルは運営側に手数料が事前にさっぴかれています。

ギャンブルは総じてダメです。

かつてのパチンコだったらプロのパチスロとしてやっていけましたので

数字に強い人には割とおすすめできましたが、

現代では規制が強くなってしまったのでおすすめしません。

 

 

 

資本収益はざっとこんなもんでしょうか

 

ご覧のとおり、楽して稼げるゾーンまでいくための

リスクとリターンがあまりにも無謀です。

 

庶民には無理ですし

成功したとしてもその対価として自分の人生を注ぐのは

完全にこのブログの趣旨に反しています。

 

ただ一部の人間は楽してお金を稼ぐことが出来ます

 

それは、資産を相続した人間です

金持ちじいちゃんが死んで、不動産、株、会社役員報酬を相続できます。

→はい、金持ちです。

 

 

続いては

労働収益です。

 

何しろ分が悪い

 

fal-ken.hatenablog.com

 

まず、近年「所得税」が増加しているので雇用による労働収益をあげるのは非常に効率が悪いです。

お金を効率よく稼ぎたいなら法人化して「所得税」→「法人税」にシフトし

資本収益で稼いだ方が良いのです

 

更に、所得が上がると

年金、保険料、住民税

はい、もう考えるのが嫌です。

fal-ken.hatenablog.com

労働収益レベルでお金を稼ごうとするならその分、あらゆるものがさっぴかれます。

年収1000万のサラリーマンと年収1000万の自営業は法人自営業の方がもらっています。

サラリーマンは250万くらい引かれます。

労働収益でお金を稼ごうという発想が合理的ではありません。

合理的でない選択で「お金を稼ぎたいから働く」という理屈は

合理主義者ではないということを一つ言っておきたいと思います。

 

こちらは資本収益と違い

2000年以降は非常に効率の悪いお金を稼ぐ方法です

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

サラリーマンとして生きる上の心得ですが

労働価値の提供は自分の寿命の提供だと思って大丈夫です

 

それでいてこの低賃金

fal-ken.hatenablog.com

 

こちらでも記述しましたが

 

経済効果がなく、利益率がとぼしく、物質的に豊かにならない衰退企業が奴隷不足!と叫んで

我々がその企業のために貢献するとどうなるか

「過労死」「社蓄」の出来上がりと言った所です

 

 

まとめ:

 

 

お金を稼ごうとするな

 

このブログの目的としている「豊かな生活」を送るためには

お金の消費を抑える「生活水準」で生活すること

これが条件になる

働いたら負けでは

そのために「お金の知識」と「ブッタの教え」を引用する 

 

労働収入でお金を稼ぐための対価があまりにも大きすぎる

寿命を削ってお金を稼ぐことが果たして豊かな生活を送ることができるのか

明らかにこのブログの趣旨に反しています

 

仕事は、なるべく手を抜き、ラクな仕事を探しましょう

それが無理ならパート、ニート生活保護でOKで~す

 

fal-ken.hatenablog.com

↑社会不適合って言葉本当はよくないのですが↑

 

 

 

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

それにしても世の中、どこに「搾取」してやろうという輩がうようよと存在しますので

大変ですね。

お金を稼ごうとする人に対する罠がちりばめられています。

 

 

 ↓お金とは↓

fal-ken.hatenablog.com

 

 ↓ブッタの教え↓

fal-ken.hatenablog.com

 

 

 追記:

 

このブログは豊かな生活を送るにはどうしたらいいかを目的にしていますが

 

そもそも

それがお金を稼ぐことという結論には至っていません

 

 

 

私達は、

資本主義でたしかに物質的に豊かになった

 

しかし、

資本主義には格差を一方的に拡大させ

世の中の90%以上の社会的弱者が飢えてしまう欠陥があった

 

 

現代資本主義の現状を受け入れながらも、

 

中間くらいのゆったりとした生活が

これから生きていく故でのテーマではないでしょうか。

 

 

 

また追記:

 

お金を稼いではいけない理由が膨大すぎて

 

消去法で全部稼ぐ可能性を片っ端から潰して論破する形式となり

 

ほかの記事に大量にリンクを繋げる結果となりました

 

 

それほどお金に関しては知識をもって

万全な対策を立てないと不幸になる世の中なんですよ

 

 

一番楽しかった思い出って10代じゃないですか、みなさん

お金のことを考えなくて済んだあの頃(ワイの10代は最悪ですが)