働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

You Tubeがいつの間にか面白い「コンテンツ」である件

 

ユーチューバー!とかTVの紹介の仕方をみていると

 

バカにされている報道をされています。

 

事実がそれならばいいのですが、ユーチューブを実際利用しているワイからすると

 

情報収集としてはTVの方が無能

 

 

 

では、何故そうなのか語っていきたいと思います

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

まず、TVっていうのは日本ではほとんど寡占状態です。

 

総務省の認可がほかの放送局では降りません。

 

アメリカや他国は「電波オークション」という制度をとっていて

放送局が入れ替わったりしています

 

しかし、日本は入れ替わりませんよね?この制度にならないように権力者同士黙認し合っています。

 

 

権力が握られているため、TVにとって不都合な情報は批判的な報道になるか、報道されないかどちらかになります。

 

ユーチューバーは、TVにとって脅威的なものです

視聴時間をTVが奪われているわけですから、しかし、何も知らない人はTVの報道を真に受けて「ユーチューブ笑」というようになります。

 

しかし、子供たちは素直でユーチューブは面白い!ヒカキン!と視聴しています。

 

 

TVの構造から

 

ユーチューブは、今

TVにとって都合の悪いニュースを仕入れる一番のコンテンツです

 

2chまとめは文章だけですし、最近では偽2chまとめも流れています。

何しろ常に批判的でたまにおかしいスレもあったりします。

 

それに対してユーチューバーは

一個人の主張の動画アップしているもの。あくまでも一個人の主張として情報を得られますし、

ほかの動画で主張を比較しやすいです。

 

タイトル詐欺で釣るというのもよくありますが

 

それでも、ユーチューブが急速にはやった2014年辺りは再生回数を伸ばすために必死だった動画が多数溢れかえって、糞だなと思っていたのですが、そういった動画がだんだん運営側の意向によって消され、今ではちゃんとしたコンテンツと化したのではないでしょうか。

 

 

次回は、実際、俺が良い動画だな!と思った動画をピックアップしていきたいと思います!では!

 

 

追記:

 

ヒカキンはTVに取り繕うの上手すぎ

 

批判的にTVがユーチューブを取り上げる中、視聴率を稼げなくなったフジテレビが

ヒカキンを番組に出すことがたまにありますけど

ヒカキン物腰低いので、権力者たちの印象もよくなります。