働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

自分の中で法律(ルール)を作成せよ! ストレス知らずの世渡方法! 「殺ジン炒飯法」平成30年施行

随時更新記事。 

ひろゆきさんの無敵の思考から

 

人は迷う、選択することで「ストレス」を感じるのだから

あらかじめ自分の中でルールを作ることによって

 

迷う機会を減らそう!

とのことです

 

例に挙げると

300円のパンを金持ちは迷いなく買いますが、貧乏人は買うのに躊躇します。

 

そこに貧乏人はストレスを感じる

 

なので、我々ひきこもりはあらかじめ「買わない」というルールを明確に設定しましょうということですね

 

 

日本ではビジネスのルールが曖昧になっているが、外国に行ったら契約社会でルールが絶対である。

「みんな仕事がんばってるから、自分の仕事が終わって還りたくても帰れない」

こんなのザラでそりゃ俺も働きたくねぇわこんな国では

 

 

ということで

平成30年8月に施行します

「殺ジン炒飯法」

 

 目的:この法律はワイの人生が円滑に進むようにあらかじめ明確にルールを作ることによって迷う≒悩みを最小限に抑え、豊かな思想、生活を根ざすことに努める法律である。

 

第一章 金銭

 

第一条:次の項目にお金を使わない

1.書籍、DVD、CDなど図書館で借りることによって済ませられる娯楽費

2.チェーン店の外食費、一人居酒屋、自動販売

家で代替が利く外食はNG

そのお店でしか食べられないものなら要考慮

 

 

第二条:家賃は極力0円。物件探しも最安値を最優先事項にして探すこととする。

 

第三条:通信業界と取引する場合は発言のメモ又は録音をする。すぐに解約できるための計算をし、契約は慎重に行うこと

 

第四条:車は個人のボデー屋さんで購入すること。中古の軽自動車、車検込で購入する。新車を購入することは固く禁ずる

 

第五条:プライベートでは、お金を奢らない。友人関係に奢った場合は、縁を切る。

後輩だけは、気持ちとして多めに出す。

友人に対する金銭的な貸し借りはしない。物々的な貸し借りはしてもよい。

 

 

 第二章 仕事

 

第一条:きついと思ったらすぐ辞める。正社員で1か月以上勤めた場合は辞める前に精神科に通院し鬱証明診断書を手に入れること

 

第二条:時給、年収をみない。それより、交通費の計算、福利厚生の計算を重視して、チェックすること。

 

第三条:仕事のストレスと貯金額を天秤にかけて、その仕事を続けていくか考える。

正社員の場合は、年間で貯金100万円貯めれない仕事は避ける。

アルバイト週5フルタイムの場合は月5万貯められない仕事は避ける。

 

第四条:頑張っていく、一生懸命やるアピールをすること。最初にしっかりしているイメージを作ることで長期的に警戒されなくなる。

 

 

第三章 人間関係

 

第一条:嫌われている、嫌味を言われると記憶に残るので、その者には決して、仲を修復させよう自分が変わろうとせず、今後極力関わらないようにする。

 

第二条:リアルでの交流は基本気を遣ってしまうので、無理して交流関係を広めなくても良い。

 

第三条:頭ごなしに「〇〇するな!」という人と交流しない。

 

第四条:嫌いな人、嫌われる人は出てくるので、人間関係に期待しない

 

 

第四章 恋愛

 

第一条:外見にはこだわらないつもりではあるが、あまりにも顔が好みではない場合からは恋愛対象から外すこと。年齢は特にこだわらない。

 

第二条:彼女を作ることは努力義務ではない。生涯独身でよい

 

第三条:セックスをする場合、中田氏をしてはいけない。

中絶20万円相当。

 

第四条:仮に交際に発展して、金銭感覚にズレがある場合、この人と結婚してはならない。

 

第五章 生活

 

第一条:暑い日はすいとうを持っていき、自動販売機に使うお金を削減する。

 

第二条:ほしいものは価格ドットコム、ヤフおく、メルカリ、リサイクルショップで確認してから購入すること

 

第三条:筋トレ、ランニング等の運動を一日30分を目安にし、筋トレは、瞬発力を重視し、大腰筋、多裂筋、ハムストリングの筋トレは2日に1回欠かさず行うこと

 

第四条:自分の誘惑を把握すること。次の誘惑には要健闘

 

1.お腹が減ったとの外食「ラーメン」

対策案:おにぎりとすいとうを持って外出する

 

第五条:骨ストレッチは少なくとも2日1度行うこと

 

 

 第六章 SNS

 

ツイッター

 

第一条:喧嘩をしない。ブロックミュート無視で対抗すること

 

 第二条:敬語を使う。

 

第三条:積極的にフォローして、友達を増やす。損失のことは考えない

 

第四条:適当に呟く

 

第五条:いいねやリプをしてくれる人と仲良くする

 

 

ブログ

 

第一条:喧嘩をしない

 

第二条:好きなことを記事にするが、時事ネタは、瞬間的にアクセスがあがるが今後読まれなくなる傾向にある。ツイッターには呟いてもよいが、ブログには避ける努力をする

 

第三条:コメントは返すように努めなければならない 

 

 

 

まとめ:

 

宗教ってこういうものだと思います。

 

マイルールのつもりですが、

新約聖書とかコーランとかと変わらない気がする。