働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

メンタルトレーニング:『負けない奥義』

 

メンタルのトレーニングは

 

剣道において最重要作業であると当時に

 

日常生活を豊かにするヒントがたっぷりつまっています。

 

 

 

 

1自分のメンタルの持ち方

必要となるメンタルを他人に求めるのではなく、

元々自ら備わっていることを覚悟する

 

 

 

 

2兵法3つの病を相手に捧げる

危ながる心、打ちたいと思う心、防ぎたいという心

 

この3つの心相手に捧げて無心になりなさいと説かれています。

 

 

 

3.かといって

 

冷静でいられる人間は有利であるが

冷静でいようとすると消極的になる

 

 

必要なだけの闘争心のみだけを内に秘めて

 

常に広い心で物事をとらえる。

 

 

こういう状態を試合だけでなく

 

日常生活に取り入れること

 

 

全くもって矛盾している考え方ですね。

 

 

脳科学や心理学というのは臨床実験でしか根拠が得られない部分があるので、

 

どうも先人の知恵の中から情報を選別する必要がありそうです

 

 

 

剣道は一つのミスが1本に繋がってしまうので、

 

わずかな気の緩み、気の緩め方が命取りです

 

 

俺は逆に人間の集中力の持続に限界を感じる人間なので

 

 

試合中でもどこかしらガス抜きをするタイミングを計っています

 

そのためにもよく1本が入る打突機会も知識として入れる必要があるのですが。