働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

人と付き合う時に最も重要な事実がある。これをお互い理解すれば恋愛はもっと持続する、かも。

 

日本が自由恋愛化したのは戦後まもなくて

 

そんなに深いわけではありません。

 

お見合い制度が日本に会っていたのですが

 

アメリカに占領されたので無理に「アメリカ化」かされてしまったわけです。

 

明治の「イエ」制度が壊れ始めて

 

 

「結婚」するために

「恋愛」をしなければならなくなりました

 

 

 

 

まず「付き合う」と喧嘩が発生する可能性があがります

 

それはどちらかが

「お互い近い距離にいるわけだから、意見も同じでなければ嫌」という原因からです。

 

「求める水準が上がる」わけですね。

 

 

それで「付き合う」人がやる致命的な間違えというのが

 

 

付き合う≒お互いに理解し合う

 

と捉えてしまうことです。

 

 

付き合うには、色々な形があってそれを定義することは出来ないといわれてしまうと、付き合うにしてもどう接したらいいかよくわからなくなります。

 

 

しかし、

 

人間そのものが他者と接するにあたって大事な定義があります。

 

 

お互いを知っていくことはない。

お互いに「違う」部分がわかっていくだけ。

 

 

この定義が年を重ねていくと薄々わかっくるだけで、「諦め」がついていくわけです。

 

 

 

日本の歴史上でもSNSが導入されこれほどまでに「自由」な恋愛になってしまって

かなり難しい状況になってしまったかと思います。

 

 

恋愛はいいからセッ〇スしてぇ