働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

殺人学校開校! 俺が校長なら義務教育を無視したカリキュラムを提供

 

俺が小中学校の校長なら何をカリキュラムに入れるかという記事。

 

 

まず英語廃止

 

アメリカンスタンダードはいらん。

それに今の時代なら外人とのコミュニケーションは、スマホで翻訳できる。

 

 

んでなんですが科目は

 

小学生

 

現代文

 

算数

 

金銭・財政

 

理科

 

歴史

 

最強布陣の5科目ですね。

 論理的思考能力は現代文と数学で

 

中学生

 

現代文

 

数学

 

理科

 

歴史

 

政治・経済(金銭・財政含む)

 

 

論理的思考力は現代文・数学で。

 

 

高校

 

義務教育終了なので、

現代文意外は全部選択にしましょっか

 

必修

現代文

 

時事 

 

 

高校から選択

日本史

世界史

経済学

財政学

プログラミング

外国語

化学

生物

物理

数学

倫理

興味持てばやればいい

 

 

興味持たなくても、覚えとかないといけないやつを必修カリキュラムですね。

 

 英語は役に立たないとかじゃないくて、選択レベルで充分。

 

 

さて、歴史の比重が多いのは何故か

 

 

 

そもそも歴史を重要視していない国は日本だけなのですね

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

日本は戦前教育をアメリカから全否定されて

 

日本人もそれに乗じて全否定する風土になってしまって

 

目を瞑って歴史を教えないという、教育レベルの低下を招く事態になったわけです

 

 

はっきりとアメリカから占領されたという事実を確認しましょう。

 

 

それで世の中の政治の動きというのは、もちろん「過去にこうあった」という歴史があるから動いているわけです

 

歴史を勉強しないと、今世の中なにがどうなっているのかわからない

 

というように戦後の皆さんは教育されているわけですが

 

それで無知になって自民党に票を入れる

 

 

歴史は1からきっちりやって、世界史含めて

 

民主主義やらの政治用語が出てきた起源とかを小さい時から学んでおけば

 

世の中に振り回されることがなく、それこそみんな歴史を学べば強い日本が生まれるのではないでしょうか。