働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

宗教知って、日本と世界がわかる!という記事。

 

宗教を

洗脳されて、

何かにすがって生きていれば大丈夫

どっこいしょー、どっこいしょー!

って基本的にまぁそんな風に思っていたのですが、

 

 

そんなこといったら、世界中のどこの国でもこうなっていないとおかしいわけで

 

本当の宗教の定義とはまた違うものであるし、

 

宗教を理解することで世界を理解するヒントになるのではないかという記事です。

 

 

宗教勧誘のせいで宗教のイメージが最悪なのですが

 

 

宗教とは、

 

 

「宗」に「教」をこう。

 

それによって、自分自身が強く生きる

 

自分の行き方にヒントをもらって生きて行こう!

 

という積極的なものであって

 

 

神頼みとか、自分に都合よく神を利用するとかでありません。

 

 

 

日本の場合は「神道」って昔から根付いている宗教=文明、思考があるのですが

 

現代は「無宗教」という風に錯覚しています。

 

故に無宗教であるために、生き方の教科書が乏しくて「自己啓発」というジャンルが存在します。

 

 

わかりやすく、

この各個人の「自己啓発」こそが「宗教」といっていいでしょう。

 

 

逆に自己啓発でしっくりくる言葉が神道に繋がる部分が多かったりします、日本人なので。 

 

 

それで世界には

仏教・キリスト生教・カトリックプロテスタントイスラム教・ヒンドゥー教ユダヤ教神道・その他民族宗教自然宗教

 

で主に構成されているわけですね。

 

 

宗教は心の持ちようの方針であるため、

 

同じ宗教地域だと、民族性が近いということになります。

 

 

宗教マップ

 

http://www.eonet.ne.jp/~libell/1syuukyou-2.html

 

 

すると、日本は「神道・仏教」なんですよね。

 

 

日本だけ独立した宗教で

 

故に、数少ない1国1文明の超独特な国から成り立っているといってもいいわけです。

 

他にも独立した宗教は勿論あるんですが、1国1文明として築き上げている国は日本だけと言われています。

 

 

 

fal-ken.hatenablog.com

 

 

結局、

日本人の価値観とは日本人にしかないというわけです。