働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

賢者は「歴史」から学ぶはマジ。日本が、アメリカのいいなりな件。

事実が、歴史として資料、史料が一般に公開されるのには60年かかる といわれています。

ちょうど60年以上前となると戦争中ですが、2005年以降から徐々に戦前、大東亜戦争の真実が紐解かれてきたと言われています(TVで話せない)

 

この「60年周期」がちょうど世界にとっての「時効」みたいですね。

 

 

だから、まだ30年前の世界の真実は明かされましんし、歴史的事実が示されやすい60年前が歴史にとっての新着情報になります。

 

 

という歴史の前提知識を念頭に

 

 

ここ10年くらいで戦時中、戦争に負けた時代の史料が一般公開されるようになりました。

 

 

アメリカのGHQが日本を占領してからですね

 

 

アメリカは日本の沖縄戦線とか神風特攻部隊とか「こいつらマジやべぇ」ってなって

日本の「教育」の分野を完全に占領しました。

 

 

暴力独占支配という形ではなく「教育」という形で日本を完全に牛耳ったわけです。

 

 

日本国憲法がアメリカが作ったよーって今だから言えるけど当時は言えない言えない。

 

 

GHQの「神道指令」

宗教ベースに、今後このような思想が生まれないためにはどうしたらいいかってアメリカが考えたのは

 

 

日本戦前の歴史の全面否定教育

 

なわけですね。

 

 

どの国でも義務教育には

 

国語、数学、歴史

 

日本は社会科の科目に入れられてますけど「歴史」って単独であるんですよね

 

 

戦前の日本も「歴史」って科目あったんです。

 

 

 

んで、これがまたうまく教育に成功しまして

 

日本が戦前=悪みたいになって

平和主義笑みたいなのが蔓延していったわけですよ

 

 

こういうことって知らないと本当恐ろしいですよね

 

 

知らない限りは、ずっと「洗脳」されてるまんまですから

 

 

 

自国の政治、未来、価値判断を考えるなら自国の「歴史」知らないといけないでしょ?

どこの国でも「歴史」っていうのは超重要科目で分厚い本ぶぁーっですよ。

 

 

アメリカは当時の軍事用語うまくつかっています

 

「敗戦」→「終戦」 

「軍隊」→「自衛隊

「進駐兵」→「占領軍」

 

反発した日本人は国外追放です。20万ぐらい

 

 

当時の日本人はいまのまま我慢して国が復興したら独立しよう

 

ってそういう考えもあったんですけど

 

 

 

その後、高度経済成長とバブルで勘違いしちゃったわけですよ

 

「戦後日本いぇーい」みたいな

 

 

んで今

 

 

経済衰退して敗戦国のままアメリカのいいなりにグローバグスタンダードという名のアメリカンスタンダードをトランプが押し付け

 

なんとなくアメリカと仲良くしようって動きか何か知らないけど

 

安倍さんうまくやって頑張ってるなぁって印象で自民党に票が入るわけですよ。

 

ジジババは年金貰えればいいから関係なし

 

 

本当くそくらえ。

 

 

「歴史」という情報をたくさん集めることによって

日本がどうなっていくのか、

日本がどうであったか、

日本ってどういう国なのか、

 

という核心に近づくことができ、

 

 

ゴミみたいな政治家、マスコミ、その他権力に警戒することが出来ます。

 

 

「歴史」を知れば今後の日本の未来は、否、俺達の未来はもう。