働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

日本人は「無宗教」ではありません。世界でも異端な国。

 

日本の宗教観を解決する記事です。

 

日本「無宗教」論者は、結局批判的に日本を語ることが

 

番組であったりなかったりしますが

 

 

まず結論:日本人は基本的に神道』信者

あと主に『仏教』も取り入れてるし、『西洋キリスト教』も借用している。

 

 

 

 

「宗教」って「何を信じてすがる、忠誠をつくす」みたいなイメージじゃないですか

 

それが、前提として違うわけで

 

「宗教」って所謂「心の在り方」教育的に言うと「道徳の観念」なんですね

 

 

「俺は神は信じない」って人多かったりします

俺も「神」という概念を考えたことはないんですけど

 

 

日本人の神というのは

 

 

『心』にあって

 

精=神=心なわけですね。

 

 

だから、ほかの宗教なら

科学と宗教の矛盾との葛藤にぶつかったり、それを専門に研究したりする人がいたりいなかったりするのですが、

 

 

神が心にあると 

科学との矛盾が比較的ないんですよね。

 

 

この考え方は宗教なら『神道』です

 

 

神道は日本独特の宗教ですね。

 

 

仏教はインドから中国経由して日本に伝承されていると言われていますが、

 

 

日本に到着してから日本独特な仏教に変換していったそうです。

 

 

これが日本文明=神道です

 

 

「なんだ、ぱくってきただけじゃん」って思われるかもしれませんが

 

 

元々、キリスト教イスラム教も教えをぱくってそっからいじくりかえして出来た宗教ですから、いい加減です。

 

 

むしろ、そこに「パクリ」だと思う。

日本人の「オリジナル」を追求した純粋さがまた日本人であります。

 

 

 

神道の考え方というと

 

心の中に神が合って、心の中を常にすがすがしく保つことを大事にして

奇跡とかには頼ったりしません。

戒律もなし。

 

 

しっくりきますよね?

どこか、日本の物語というか、日本人が好みそうな人物像じゃないですか。

 

 

 

キリスト教なんか極端な話「信じなかったら地獄、信じたら天国。神頼み」ですから

でも、キリスト教は生来ながら、この感じがしっくりくるわけで、

そりゃ日本人は神道を信じてるからしっくりこないわけですよ。

 

 

ちなみに、キリスト教が日本にあまり普及されていないのは

「神は唯一で、他はみとめない」

他は認めないというのが「和」に反していて、日本人には受け入れがたかったとか。

 

 

 

1文明1国なわけで、

 

この宗教というかこの心の在り方っていかがでしょう?

 

 

俺はいいと思います!

 

神道中心の仏教の合わさった宗教、文化ですね。

 

俺達は日本人であって他国と同じ価値観を共有できません

 

神道は日本だけですから

 

fal-ken.hatenablog.com

 

別記事で宗教=文明を紹介しています

 

 

 

 しかし、太平洋戦争に負けて

GHQが占拠してから、

GHQ「神風特攻部隊とか、日本怖い。神道が怖い」

この昔ながらの日本の心の在り方=宗教がなくなってしまったのですねぇ

 

 

『和』を大事にしてきたの国なのに

 

資本主義のシングル社会、孤独化...

 

 

日本のいい部分が、アメリカに破壊されたわけです。

 

 

まぁ今の政府に愛着なんかゼロですけど、

 

残念なことに日本人に生まれてしまったので

それはそれで、我々の日本の文化は、世界に誇ってもいいというわけです。