働いたら負け

「なんか、世の中生きづらいわぁ」って感じる失踪系20代男性に、人生の救済処置ブログ。日本社会の構造→これからの生存戦略まで記載。

銃撃戦の知識を覚えて単純作業の妄想を拡大化する記事

銃撃戦の状況においてのシチュエーションを理解することで

つまらない単純作業中も銃撃戦の妄想が出来るのでないかと記事にしてみた。

 

 これを読めば銃撃戦を妄想して時間を潰すことができる。

 

 

銃撃戦に置いて一番大事なこと

 

自分の安全の確保→自分の持っている順の状態を常に確認すること

 

 

 

銃弾に命中すると人は実際どうなるか

 

体内で弾が止まるケースが多いが鉛毒が起きて中毒死するケースが多いので、抜かないといけない。

 

弾が貫通するパターンは少ないが、貫通したら体内に空洞が発生、生存率も激減

 

 

リボルバー拳銃...レンコンのような形状のシリンダーに弾詰めて打つ。キノが持ってる。

構造がシンプルなので弾装不良が起きない

 

 

 

スナイパーの仕事

スナイパーの技術の高さは潜伏技術であるため、偵察の仕事がメイン。

一人で行動はしない。少なくとも3人で行動するらしい

観測手が後ろについていて、スナイパーを長距離射撃に専念させるためについている。

3人で回せば、狙撃銃の連射、火力をカバー。戦力維持もできるとか

 

 

発砲でガソリンタンクに当てても滅多に炎上しない

→車が横転した時の摩擦とガソリンで炎上する

 

 

銃のクリップで気絶させることは可能か

→かなり難しい。10キロの鉛を頭に当てるようなもので、下手したら死ぬ

 

ホテルでの銃撃戦は高い確率で起きる

→公共の場であり、都合がいい

 

 

専門知識を意識してもすぐ忘れるし無意識作業では使いにくいので

 

 

これぐらいさくっと整理すればあとは妄想。