働いたら負け

「なんか、世の中生きづらいわぁ」って感じる失踪系20代男性に、人生の救済処置ブログ。日本社会の構造→これからの生存戦略まで記載。

日本は、きちんとした謝罪をするべきニダ

 

世界を学んで日本脱出する時、一体どこに向かえばいいか判断するカテゴリー

 

まずはお隣、周辺国から攻略。

韓国は実際どういう国なのかチェック

 

慰安婦問題しかり

日本に対する韓国の謝罪要求しかり

スポーツのマナーしかり

フジテ〇ビの韓国フィーバー叱り

 

ここ5年ですっかり日本人の「嫌韓」が浸透したのではないかと感じます。

 

 

それでも仲が悪いのは良くない。

なんとかして歩み寄る方法はないのか...

 

 

いや、まて。

 

 

そもそも、韓国という国をそもそも理解しないと解決策が浮かんで来ないニダ

 

 

 

 

んで、まぁざっくり調べてみました。

 

結論:強い者に徹底的に従属する国

 

BGMうぃ~って

キノの旅に出てきそうや。

 

 

 

韓国と友好関係な国をみます

戦後:アメリカ合衆国

戦前:日本

 

戦前。日本と仲良かった!?

というか、歴史的には初めて日本によって牛耳られた時代です。

第二次世界大戦の際に日本軍に出兵志願4000人の枠に対して応募が2万ぐらいくるぐらいには、日本に対して忠誠心がありました。

これは当時韓国では「親日派」が大多数を占めていたからです。

 

現代の韓国の人からすれば...

当時の日本はそれはそれはひどいことをしました。

学校がなかった韓国に学校を作ったり、義務教育を導入し、日本に牛耳られているのにハングル文字をムリクリ覚えさせました。

インフラも整備してしまいました。

韓国に対して大変申し訳ないことをしたと思いませんか?

 

って百田直樹みたいな感じで記述

 

 

親日派が多かったんですが

 

第二次世界大戦で日本敗北。

日本が統治しない。中国ソ連「お、侵略チャンス」

中国が攻めていた。北の部分終了のお知らせ

アメリカ「やべ。朝鮮保護しねぇと。日本も自衛隊作って」

朝鮮戦争

国内の親米派がこれをきっかけに暴れだし、親日派衰退。

アメリカと友好的ニダ!

 

 

とまぁ、なんて掌返しな国なんじゃと思いますが

 

 

韓国(朝鮮)の歴史はこれの繰り返し。

 

中国は、歴史ごとに国が変わっていますが、その時の韓国というのは

清→親清派中心

明→めっちゃ元に恨みをもって親明派

元→めちゃくちゃやられたけど元の従属

 

 

何でこんなんなの?って

 

朝鮮は中国と国境を直接結んでいて、さらに国境付近には山脈とか防衛ラインも薄い。

中国の脅威をじかで感じ取ることができる国なんですね。

しかも、半島なんで逃げ場がない

 

2000年中国に勝てる気しないのわかってるニダよ。

 

それで、朝鮮が滅びないように培った処世術になります。

 

特に、元の侵略で挑戦は大量虐殺、捕虜にあいました。

日本が協調性の良い特徴に関しては、この元の侵略に大きく影響しているといわれています。

日本でたとえると京都奈良全滅みたいな感じです。

朝鮮の王子は元の娘と結婚して、モンゴルヘアーで帰国して元に過剰反応。

 

→モンゴル衰退の時は、モンゴルが憎いあまり明朝に過剰反応します。

 

 

この過剰反応が強烈な自己主張というか

そうやって生き残ったわけですね。ざっくり

 

弱腰、衰退を感じ取ればその国を非難し

勢いがある、力のある国には徹底的に忠誠を誓います。

 

 

う~ん、こういう流れを考えると

 関心が必然的に薄くなります。

脅威でもなんでもないですし、

勝手に自滅するのかどうするのかですね

 

こりゃ韓国で生活するという選択肢は、なしです。

 

 

 

最近は、中国までスワップ協定破棄されたとかいうネット記事流れてますが

 

それが本当で最近、北朝鮮と友好的な接し方をしているのか