働いたら負け

「週5で働くのムリ。世の中生きづらいわぁ」って感じる社会不適合者応援ブログ。一億総ひきこもり社会

面返し胴の打突機会。俺の手の内ばれる

 

さて、「日本死ね」という記事の間に

時折ある「剣道」記事に方向性がわからないブログになっておりますが。

 

剣道で

そこそこ得意技にしている面返し胴について

具体的な打ち方は、調べればどこにでも記載されていると思うので、

今回、多く記載するのは、面返し胴の打突機会です

 

 

 

チェック

・初対戦の相手の場合は、飛び込み面をわざと打たせて相手の軌道を確認すること。

 

まずは、相手の飛び込み面を観察します。

面返し胴より、飛び込み面、飛び込み小手の方が一本取りやすいので、序盤に狙うのは基本的にお勧めしません。

 

ただし、初立ち面返し胴を俺は実行する時があります。

飛び込み面1点読み返し胴ですね。

通称「返し胴トラップ」と名付けて

 

大学時代は、初顔合わせの後輩に対しては多かったイメージです。

た〇しんには無理。武〇は、迷いなく決行。マスプロは、初立ちではやらなかったけど、よく使ってた、だんだん飛び込み面使ってこなくなった。イメージです。

中学生は元気あるのでよく初立ちに使います。

 

 

これは、70%ぐらいの根拠です

小手ではなく、面に張ってもう1歩前に出て面返し胴です。

 

 

んで、その飛び込み胴選択する決断をする根拠は

 

相手が左足を継いだか継いでいないか、です

 

 

左足を継ぐと飛び込み面のスピードはあがりますが

しかし「あ、面くる(飛び込んでくる)」とわかる瞬間が左足を継がないで飛び込み面を打ってくる人よりも速く判断が出来ます。

 

 

特に構えて「はじめ!」って言われた時

 

1歩間合いを詰めるじゃないですか

左足を継いで、そのまま飛び込み面打ちたくなりますよね。

 

それなら、飛び込み胴打とうって判断してしまいます。

 

 

違う打突機会としては、飛び込み胴狙う時は、相手が間合い詰めてきたら、中段のまま左足崩さないように1歩さがって。継足飛び込み面を誘います。

相手が更に間合い詰めて近間になるようでしたら、左足を事前に溜めておいて飛び込み面を打てる準備もします(日によって、技の精度わりぃなぁ~と思ったら組立を直さなきゃいけないとも思います。)

 

 

う~ん、でも結局、初立ちというか「はじめ!」と言われて

1歩詰めて仕掛ける瞬間が一番狙いやすいですね。飛び込み胴

 

 

 

また、左足継がないで飛び込み面打ってくる人は、癖がわかるまでは打ちませんので

試合時間前半で絶対に使ってはいけません。というか多分使わない。

「あ、こいつ面はえぇけど。左足継いでるからいつくるかわかりやすいな」

と思ったら試合時間後半に飛び込み胴プラン構築。

初顔なら様子見がメインで、30秒に1回ペースで足継がないで一足一刀から飛び込み面ですね。

30秒ぐらいたったら相手がまぁ、勝手に打ってくるんですけど

 

 

飛び込み胴のリスク考えるとなぁ

 

足継いできて小手だったら危険なんですよね、初立ち小手。

1歩来てそのまま止まらないでまっすぐ打突してくる分「面だな」と感じるのですが。

 

小手という技は、相手の手元を上げさせるためのアクションが必要で、相手が構えている時に打突してはいけない技だと軽く定義しておきます。

すると、継足の小手は打つ前に手元をあげるためのアクション(このアクションには、一旦静止も含みます)があるのです基本的に。

面はなるべく、相手が反応できないように打ちたいため、この場面ではそのまま速さで勝負するということになります。

 

 

それで、70%の根拠で、初立ち、左足継いで間合い詰めた

→飛び込み面がくる

となります。

 

残りの30%は、

足継いで相手が動き止まった場合、相手が「応じ技狙ってんだろどうせ」っていうその場で動き止まってくるのよくあるんですけど笑

逆にこういう時のリスクは少ないってことに気が付いたんですよね。

相手足止まるから「応じ技狙ってんだろ」という読まれたということを読んでその場、出ばな面っていうのはやったことあります。裏の裏の裏ですが、相手意外とがらあきなんで、ちゃんとやれば入ると思います。間が近くなるのでその場で出ばな面です、面の軌道を振りかぶらずに最短で当てる感覚です、ちょっと難しいです。

 

 

結局この技は、

捨身で行かないと中々1本にならないなぁと試合で使ってみて思うところですので

捨身じゃないと身体開いちゃうんですよ。

 

1試合1発勝負ですね。審判も結構厳しいので

 

 

2発以上はダメだな、やっぱりリスクはありますよ。

捨身で行った時、継足飛び込み小手とかみ合ったら負ける気がする。

 

 

結局、出後手の方が使い勝手いいと思います。