働いたら負け

「なんか、世の中生きづらいわぁ」って感じる失踪系20代男性に、人生の救済処置ブログ。日本社会の構造→これからの生存戦略まで記載。

心に描く低空未来予想図。2017/11/20 現時点

 

主に人に閲覧してもらう用の記事というよりは

 

自分のこの先をざっくり整理するためにまとめた記事になります。

 

 

仕事を辞めたくて仕方がない人や

実際仕事辞めた人どうやって生きていけばいいんだろって思うじゃないですか、多分、  

身内の中では自分がいいサンプルになればいいし、

 

僕みたいな人間は、日本だと底辺扱いなので基本引きこもりって情報を発信しないことが誰からも叩かれたり煽られたりしないと思うのですが、

 実際結構いると思うわけですよ。なので、同じ価値観を持っている人と価値観を共有できればいいですね。

 

 

あと将来、ジジババの共同生活を夢見ています(4人ぐらい理想。リアルやすらぎの郷

だってその方が家賃光熱費4分割できるし。

自分の価値観と共感できる人と4人ぐらいで暮らすことができれば地盤は固い。

入れ替わり激しいとかも面白そうや。

東京ではシェアハウスが当たり前になってきて今後、増えていくと思うんですけど

北海道旭川だとそんな文化は今は浸透していないので。

今20代で、あと40年くらい情報を発信し続ければ、まぁいい感じに同じ価値観の人が増えていけばいいですね、

 

 

 

 

GDPそんなに高くない国って「そんな必死に働きたくねぇ、のんびりすごしたい」って価値観の人が多いみたいで成立してるみたいですよ

主にフランス、ノルウェー

超民主主義で、インフラ整備とかの話は中々進まないみたいですけど、日本より政治家のワンマンショーで選挙でしか政治に介入できないとかそういうのはないみたいですね、いったことないけど。

社会保障が充実しているから、無理にお金を稼ごうという発想もない、ノルウェーなんかは自然しかないけど、自然で遊ぶのが楽しいし満足できるらしい。

税金の使い道も理解しているので高い税金も納得して払う人が多い。

 

発展途上国の移民が日本にあんまりいないじゃん、誰も糞労働環境の日本なんか実は目指していなくてそれでヨーロッパ諸国に移民希望者多かったりするわけで(まぁ、それで移民いれなきゃよかったって嘆いてたりするんですけど)

 

まぁ、治安と差別がひどいんじゃないかな。行ったら行ったで日本人なんてくんじゃねぇよってなりそうだし。女なら股開けばいいんだけど。

 

まぁ、こんな話が続くと、「日本に生まれてこなけりゃよかった」つくづく思いキリがなくなるので、

この国のいいところ「衛生」「治安」「娯楽が多い」「移民がかなり少ない」「餓死がほとんどない」を生かしてうまく立ち回りたい。

あとはいいところなし(でも、思ったよりいいところあったw

 

 

 

んで、大分話がそれたんですけど。

 

殺人炒飯の今後のスケジュール

 

「あぁ~、人生オワタ」「仕事辞めてぇ~」という人は

是非、自分と言うサンプルも存在します。

 

 

1年以内で仕事辞めた人間の末路としては

 

まず、12月から来年3月までは臨時職員は確定路線です。

 

これまでの生活を一新し、生活水準を最小限にし

夢も希望もない将来に対して、今後もひっそり暮らす準備、貯金。

 

1月 

危険物取扱者乙4類試験

確定申告して、来年の国保を減らすことを試みる。

 

 

んで、最低限の粗食生活、実家暮らしと「ヒモ力」でうまく貯金し

 

 

4月からは

 

候補1

後輩の浜谷が「うちのとこ、らくっすよw」といっていたので

 

出来れば、イオンの惣菜屋さんでバイト

 

 

候補2

危険物取扱者乙4類を1月28日に受けて取得予定

 

セルフのガソリンスタンド

 

浜谷「友達が深夜でやってたみたいなんですけど、ずっと携帯いじってるだけでした。乙4あれば、深夜1人で出来るんで」

 

ただ、人気ありそう

 

候補3

別の公共施設での臨時職員

 

美術館とかいいなぁ

 

ここはゆっくり決めます。バイトは色々あるっしょと

妥協して、人手不足のバイトという選択肢は他の無職に任せます。

 

確定申告の年度決算は4月から3月までですが、

国民年金の年度決算が7月から6月末までなんで

収入に変動がある人間の場合、

4月~6月にガツガツ働くのは得策ではありません。

 

年金の免除申請は基本的に毎年行わなければなりませんが、更新月は7月からです。

前年の収入ないのに4月から働くとか、年金の審査の際に「いや、前年度収入あるじゃん」っていうことになるので

 

 

ぬるくて実家からずっと通えるのであれば、ぬるいバイトずっと勤めるのもありだと思っています。

働いたら、それだけ「何に使われてるかよくわからん」ためのお金が持ってかれるしね。

ただ、リスクを考えると、将来的に楽な職業を選択できるための選択肢も備えたいので(でも、俺に勤まる仕事は日本にそうそうないでしょ)

 

リスクをお金だけに偏らせないんですよ。

例えば、資格で職業選択、自給自足、節約料理(粗食)、健康もそう、娯楽はネット。ざっくり知識増やせばリスクには備えられる。

 

なんとつまらない味のないガムを噛む生活のような人生ですが

現代日本だと、これに行きつきますぜ。

 

 

 

インターネットで「給料低くても楽な仕事」で検索。

 

ビルメン、施設警備、社団法人、社内清掃がヒット。

 

 

ビルメンの仕事は、仕事の1部のバイトは1か月やったことがあり、

ほとんど運転で一人旅だったので糞ラク。時給最低だったけど

転勤があるかないかで懸念材料。年齢層は高め。

 

てなわけで

ビルメン4点セットを来年資格全部とって就活。

 

 

5月公務員試験 臨時職員で勤めているところ。どうせ面接で落ちる

6月電気工事士2種

7月ボイラー技士2級

11月冷凍3種

 

 

まず、ビルメン業界に備えながら、社団法人と施設警備をDUDA?とかで探してみようかなと。

 

 

長期的なリスク管理

サラリーマンやどっかの正社員が想像しただけで地獄→まず僕はこれが無理なので、人並みに生きるのは諦めることにしています。

元々独立志向?というよりクラッシャー上司の下に就きたくないだけなのですが

人付き合いがとりわけ苦手というわけではないので、

独立開業を目指せる資格も視野に入れたいと思いますね。

 

あと、僕の場合「学校」にはすごく抵抗のある人間でしたが「勉強」に抵抗があるわけではなないので資格勉強はすんなり取り組むことができます。

わずかな強みです

 

 

なので、ずっとフリーターが続くようだと、行政書士司法書士、司法試験は今後長いスパンで頭に入れてもいいかなと

 

どうも今の時代にサラリーマンになるメリットを感じられないのですよ。

 

 

というわけで、このような方針で行きます。ざっくりと書きました。

 

 

「こういう人生もあるよ~!」

「日本脱出した人もいるよ~!」という意見があったら是非ください!

 

 

 

全部落ちたら?日本が悪い、保育園おちた日本死ね