働いたら負け

「なんか、世の中生きづらいわぁ」って感じる20代男性に、人生の救済処置みたいなブログ

レールを外れた人間による健康の生存戦略

 

この記事は、正社員にならないで「将来どうするの?」というババア達の漠然とした不安とプレッシャーをかけられるワイに対して、

まぁ少なくともこのような状態がずっと続けば、過労死やパワハラで上司ぶん殴ったりしなくて済むと思っているのですが

 

この記事では、老後に対しての「健康」という面で

 

俺が、将来心配していない理由を勝手に語ります。

 

 

 

さて、「収入が低い」と治療費とか今後どうするんだろう....

 

人生オワタ.... 

 

将来、老後の漠然とした不安

 

 が、しかし

日本は先進国の中で唯一がん患者増加という記事が

研究 欧米ではどんどん減っているのに なぜ、日本人ばかりが「がん」で死ぬのか(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

ざっくりまとめると

日本人の死因で「がん」が増えているのは、生活習慣の悪さで、

実はこんな事態になってるの日本だけなんだよぉ~って内容です。

 

 

アメリカでは1970年代、病気の多発により医療費の財政圧迫が問題になり

政府が病気と健康の因果関係を徹底的に調査した歴史があります。

 

その結果、予防治療が発展して、意外にも癌患者減っています。

 

だから、日本みたいな国民健康保険のような病気になった時の保障などは手厚くないんですよ。あるいは、民間の保険に加入するかの自己責任。

その代り、「こうやって自分の健康を守りましょう」って適切に指南しているわけ。

アメリカの民間の保険会社からすると病気にかからない方が利益になるわけだから、保険組合とタッグを組んで予防治療を積極的に進めるわけですね。

 

例えば、「胃がん検診受けたら、今年の保険料やすくなりますよ!」

とか、胃がんとか早期発見で対策できるがんは早期検診させる。

 

医療費もかからない、病気にもならない、保険会社も利益出る

自己責任で財源もうまくうかせて、健康ハッピーに過ごせます。

 

 

対して、日本の予防治療はかなり遅れてるんじゃないか、ってこれはっきりいって遅れてるでしょwww

 

国民保険、国民皆保険制度=役人。保険組合とかは、利益なんて考えないから民間の保険会社との連携はとれてませんし、

 

「治療してあげますから健康のうちにお金払ってね!これで病気やけがも安心!」

って名目なんですけど、こんなん生きづらくてストレスで不健康な生活ですよ

 

医師会なんかもね 

 

「医者の地位を守るために医者は『治療』を専門とする」

日本医師会って、医者増やそうとしないでしょ?自分の利益のために

 

日本政府も負担額増やすだけだし。

 

 

 

昔、学校で習ったハズ

昔の死因1位「結核」 今「がん」「脳卒中

これって昔は感染症でみんな死んでいったということなんですよ。生活習慣じゃなくて

 

感性治療に対する予防接種は昔はありませんからね

 

でも、昔の人って不摂生ではないんですよ。必要最小限の生活をしているが故に。

 

 

 

現代人は、イメージだと

長時間労働→時間短縮コンビニ飯、ファーストフード→変な成分も体内に入る、運動不足

そりゃ癌になりますわ

 

そして、癌になってから治療すれば医者は仕事増えるし儲かるじゃん、医者ってあんまり予防法とかを強く主張するイメージないですよね。

 

結論、この国にまともに付き合っていると長時間労働とストレス→不摂生な食事で健康を害します。

そして、寝たきり老人になってから昏睡状態の時に医療費を提供してくれます

 これがジャパニーズ親切です。

 

 

というこの国の事情を踏まえた上で、

長時間労働とストレスはこの記事では解決できませんが

不摂生な食事=予防治療はなんとかなると思っています

 

じゃあ、どうしたらいいんだろう?ってなると....

 

 

 

まぁ、昔にかえればいいんじゃない?

医学的根拠とか医者の間でも意見が分かれたりしてはっきりしていない。

日本の予防治療が後進的なこともあるけど、

昔の人が「生活習慣病」にかからなかったのなら、昔ながらの食事が一番健康的といってもいいと思っています。

 

俺の勝手な見解としては

人工的になるべく多く加工していればしているほど悪です。

自然なものがOK。

インスタントやコンビニ、チェーン店の外食を避けることがまず最初の課題になります。

 

 

健康の流行ってすぐ変わったりして、現代はそこそこ進歩したけど

それでも1970年ぐらい健康志向として扱われた「マーガリン」が、今や海外では輸入禁止扱いの「トランス脂肪酸」を含む悪魔の油と呼ばれたりします。

マーガリン食ってるだけで癌が進んだりするんですけど、何故か日本ではまだ輸入されてます。

 

医学的根拠とか結局まだまだ発展途上、特に日本。

 

日本食は健康的だけど、もはや日本人って健康じゃない

 

対して

江戸時代の粗食は絶対安心ですよw。

あれをインスタントで作らずにやれば癌にはならないと思っています。

 

玄米、味噌汁、つけもの→粗食最強。

まぁ、ここまで追い詰めませんが、

でも、今の生活は味噌汁、つけもの、白米

無農薬サラダ、卵か納豆という戦略パターンが多いですね。

その土地で育ったもの、風土にあったものを食べるのが一番!

 

味噌汁は、出汁は昆布をはさみで切って水につける(切った部分から出汁がでる)

んで、味噌。豆腐完成。

 

つけもの→ 大根でも人参でも味噌か塩で。漬ける時はまとめて。

 

面倒くさがりだし、料理面倒なんでこれさえ覚えれば、

あとは、卵と納豆で。

これで1食分は完成。1食100円ぐらいっしょ?

 

 

健康を害するリスクを考えると、これほどコストパフォーマンスがいいものはないでしょう!

 

戦争、飢饉、感染病はクリア。

現代病といわれる「生活習慣病」もクリア。

超確率低い難病に当たらない限り、このままだと俺は健康で長生きしてしまうのではないかと思っています。

 

 

そりゃ、不安ですよ、こんな知識覚えちゃうと、

漠然とした不安が少し解決されて、予想以上に長生きしそうで

 

そんなに長生きしたいわけでもないんですよ

 

みんな我慢大会(仕事)してるから、一人で空いてる時に図書館いったり勉強したり筋トレしてるだけなんで。

 

 

 

ある日ぽっくり目が開かなくなるのが理想なんですけどねぇ~。