働いたら負け

「なんか、世の中生きづらいわぁ」って感じる20代男性に、人生の救済処置みたいなブログ

男が結婚するメリットを真剣に考える

なんで、世の中って結婚する人がいるんだろう

 

まぁ、女はなんとなくわかる。男が結婚したいという気持ちがあんまりわからない。

「自分の子供がほしい」「寂しい」ぐらいか。

それにしてもそれを埋め合わせるデメリットがあまりに男には大きすぎる気がするんだが....。

 

なので、ワイは結婚制度のメリット、うまいところを調べることにしました。

んで、改めて結婚について考えました!

 

まず、結婚するメリットは主に2つ

 

1つ。扶養に入れるため、片方が国保を払わなくて済む

 

2つ。厚生年金に加入したパートナーと結婚すると、パートナーが退職した際に、

パートナーが65歳から年金が貰えるのは勿論のこと

自分にもその半分の年金がもらえる

 

 

そう、専業主婦って超絶幸せ

それでいて、あんな生意気なのですが。

専業主婦の娘って実情を理解していないのに、パートナーに求めるものも大きくなるのですが。

 

 

ただ、結婚って制度はこの点に関しては男女平等なわけですよね。

 

 

結論:

ヒモになるなら、厚生年金に加入した59歳のババアと結婚するのがベスト

 

年が離れていて、絶対年上の女性ですね

 

 

するとですね

 

自分が仮に働き始めていたとしても、パートナーが65歳になれば、自分にも年金が支給されるんですよね!

 

 

年が離れていると経済的にはかなり得。 

同じ歳や年下と結婚するのって実はデメリットなんですよね。

 

 

 

そして、自分はというと

「パートナーが厚生年金20年以上、厚生年金加入歴20年以内」

だと、もらえる年金が更に増えるwwww

 

厚生年金の救済制度です

 

だから、自分が無職で相手が59歳ババアと結婚すると究極のヒモになれるわけですね!

 

 

まぁ、それ以前に離婚したら意味ないのですが。

働いてる女と結婚すれば、結婚後の財産分与も折半なので

 

 

 

俺も大矢と結婚したくなってきたぜ

 

 

 

女が経済的なものを男性が求めるのって実は合理的だと思います。

 

 

実情は、この結婚の便利な部分は女が「専業主婦」になることによって使われるわけなんですけどね。

そうなんですよ、女性側にははっきりと結婚するメリットがあるんです!

 

離婚の際も、実情では社会的弱者(笑)である女性には手厚い保障が与えられますが、離婚のリスクに関しては別の記事で。

 

 

 

 

だからね、俺も同じことを主張したいw

 

 

年収って言わないです

理想は、「厚生年金に加入した30歳以上年上の女性」 

 

「年収1000万の男じゃなきゃ嫌」っていうよりは謙虚だと思います

すんげぇ、今の段階なら需要有りそうだけどなぁ

 

 

家族がいない人ってマイノリティな戦略結婚できて案外幸せになれそうだな。

 

 

 

なので、僕は(厚生年金に加入した)年上女性ウェルカムです!

 

 

歳下だめ!セックスだけ!